よしなしごと

「贈る言葉」が卒業式の定番ソングになった理由は金八先生?

どうもゼキュウです。

今年も早いもので2月も下旬です。
徐々にではありますが暖かくなってきましたね。

3月下旬には東京でも桜を拝めそうです。
そんな3月と言えば卒業式が有りますよね。

そして卒業式では何故か合唱が有ったりします。

私の時は確か…ゆずの「友達の唄」でしたかね。
(まぁド下手くそで聞けたものではありませんでしたがw)

Sponsored Link

「贈る言葉」が卒業式ソングのド定番な訳は…

そんな卒業式のソングのド定番と言えば「蛍の光」やら
「仰げば尊し」やらありますけど

海援隊の「贈る言葉」もまたその内の1つですよね。

因みに私は「蛍の光」も「仰げば尊し」も
歌った事が無いので歌えません。

しかしこの贈る言葉
別に卒業式ソングとして作った訳では無いんですよね。
武田鉄矢さんが失恋した際に作られた失恋ソングなんですよね。

(某知恵袋では「卒業ソングだ!」やら「失恋ソングや!」と
ちょっとした論争が有る様ですが)

ソレが何故今や卒業式のまるで
テーマソングの様になっているかと言うと…

武田鉄矢さん主演のドラマ「3年B組金八先生」で
この曲が使われた事で一気に 広まった事に起因する様です。
今よりもその当時のTVの影響力は強かったでしょうからねぇ~。

ただ、流行ったからだけは採用するとは限りませんよね?
(だってそうだったら世の中定番だらけです。
PPAPを卒業式で歌う訳には…多分いかないでしょう。)

それでも使われたのは

ドラマが学園モノで世の中の卒業式のシチュエーションに
非常にマッチする事や


歌詞の内容もまた卒業の内容としても無理なく捉えるられるから
ではないでしょうか。

歌ってのは
受け取り手が色々な解釈が出来るのも魅力の1つですよね。

失恋ソングとして作られた歌でも人によっては
卒業ソングの様にも感じられる…。

普段聞いている歌の歌詞を改めて見て感じてみるのも良いかもしれませんよ。

卒業式 桜

台頭する新定番…卒業式の歌・曲の最近の風潮

さて「贈る言葉」の様にドが付くほどの定番曲もあれば
所謂新定番なる物も有ります。

最近では

「世界に1つだけの花」

「手紙~拝啓十五の君へ~/アンジェラ・アキ」

「遥か/GReeeeN」

「桜/コブクロ」

等の比較的最近の曲を使う学校も増えている様です。

SMAPの解散も記憶に新しい今日この頃
今年は世界に1つだけの花を使用する学校が 増えるかもしれませんね。

中には初音ミクがボーカルを務めたabsorbさんの
「桜ノ雨 absorb feat.初音ミク」を使う学校もあるのだとか。

学校も多様化してきましたね。
最近はオタク文化も徐々に浸透してきていますし
そろそろ感動的なアニソン等を積極的に取り入れる学校も

…出てくるかもしれません。

個人的にはオタ(以外も)見た人は涙する
「CLANNAD」の「小さなてのひら」なんて良いと思うんですけどね。

そんな多様化の背景には
選曲の仕組みが変わった事が考えられます。

今までは「コレは良いものだ!」的な流れで学校(先生方)が決めていた
卒業式の
歌・曲を、生徒が歌いたい曲にスポットライトを当てる様に
シフトチェンジした

という事です。

生徒の自主性やら主体性やらを重んじる流れは強くなってますからね。
それに自ずから選んだ方がまだやりがいがあるってもんです!

しかしいずれにせよ…
そもそも人前で歌いたくないよって方にとっては地獄でしょうけどね。

そして卒業生とそんなに親しくしてこなかった在校生にとっては
卒業式自体が…ですけどね!

Sponsored Link

卒業式っていったら第二ボタン渡す風習があるけどなんで?

卒業式で合唱する事は定番の行事になっていますが
卒業式の後に

憧れの先輩から第二ボタンをもらう

なんてのも定番の風習ですよね。
(最も男子校では殆ど関係の無い話ではありますが)

私は某、自分のカロリーを消費して手からお菓子を出現される男が主人公の
ゲームで使われていた曲で初めてこの風習をしりました。

ではそんな風習は何故あるのでしょうか?

色々所説ある様です。

戦時中の軍服が関係しているとする説やボタンその物の位置が関係している説…
その他に1つ気になった説が有りました。

柏原芳恵さんの「春なのに」が関係していると言う説です。
この歌の歌詞の中に

記念にください ボタンひとつ

ってフレーズがあるんです。
これは…表現的にはドンピシャリじゃありませんかっ!

しかもこの曲レコード大賞で金賞
枚数的には実に33万枚以上のヒット作です。
因みに作詞作曲はあの中島みゆきさんです。

さらにこの曲が発売されたのは1983年でして
某企業の調査ではこの年代が青春時代だった人、即ち今の30~40代の方達
がこの風習を実際に体験した人が最も多いらしいのです。

ヒット曲の影響…有り得そうですよね!!

最も今は学ランも減少しつつあるのでいつまでこの風習が残り続けるかは…
分かりません。

ただ未だに第二ボタンは卒業式でもらいたいもので断トツの様です。
まぁ都市伝説的な扱いかもしれませんけどね。

なくならないうちに体験してみてはいかがですか!?

-よしなしごと