よしなしごと

リバース 2話感想&3話あらすじ 湊かなえの告白は300万部突破!

2017/04/23

どうもゼキュウです。

4月に入り各局で色々な新しいドラマが始まりましたね。

2017年4月14日から放送開始したTBSのドラマ「リバース」、初回の視聴率は10.3%だったそうです。今や視聴率はあまりあてにできないなんて言う話も聞く事ありますけど、やっぱり気にしちゃいますよね。金曜の22時と言う時間帯で二桁なら比較的良い滑り出しなのではないでしょうか。

今回はそんなリバースの第2話の感想と第3話のあらすじにフォーカスを当ててみます。

Sponsored Link

リバース第2話感想(一部2話のネタバレ要素有り)

2話のあらすじを見る限りでは…

2話では藤原竜也さん演じる深瀬和久の親友である、小池徹平さん演じる広沢由樹があれしてしまう過去の事件が舞台になる様ですね。

2話で戸田恵梨香さん演じる越智美穂子の所へ届くとある告白文とその事件との関わり…気になりますね~。告白文が届いたって事は、あれはただの事故ではなかったってことなんでしょうかね。それとも逆恨みなのか…早く見たいですね。

さぁ皆さん、第2話いかがでしたか?

放送して間もなくの間は、小池徹平さんと玉森裕太さんの可愛らしさにキュンキュンしている方達が多く見受けられましたね。確かに割と中性的な顔立ちをされてますもんね。

しかしそんな小池徹平さん演じる広沢があんな風になってしまうなんて…色んな意味で辛いですね。

私は原作読み込んでいるとかではないので先の事は分からないのですけれど、これはなんだろう直接的には手を加えていないけれど間接的にそうなるように仕組んだって事でいいんですかね。そして事故に見せかけて…って感じなんだろうか。でも、後悔している人がいるって事は…やっぱり悪戯心てきな事だったのかもしれないし。

もう段々と色々な奴が怪しく見えてきます。まだまだ謎に包まれている部分が当然あるので続きが気になりますね。

それにしても原作者の湊かなえさん、流石ですね~。見てると辛かったりするけど、ついつい見入ってしまいます。

そう言えば…玉森裕太さん演技力が向上ししてましたよね~!私は漫画のRAVEにちょっと気を取られてしまいましたwこの手のちょっとした箸休めがあると助かります…。

リバース第3話あらすじ

そう言えば、先日訳あって「僕だけがいない街」を見たんですけど、いや~流石の藤原竜也さんでしたね~。「カイジ」とか「デスノート」の時の様なちょっと狂気的なキャラクターも勿論素晴らしいんですけど、この手のキャラクターも良いんですよね!有村架純さんもめちゃんこ可愛かったですしw皆さんハマり役だったと思います。

まぁ作品としての評価は原作を知っている人と知らない人で結構意見が分かれているみたいですが。原作をなぞるのが良い場合となぞらない方が良い場合と色々ありますからね~。ただ、私としてはこれはこれで良いんじゃない?って感じでした。

さて気になる3話では他の連中の所へも届いた告発文をを切っ掛けとして色々思いが交錯していくみたいですね。

そんな中、武田鉄矢さん演じる小笠原が遂にこの広沢の件が事故だったのか事件だったのかについてフォーカスを当てていく様です。

果たして深瀬の口から何が語られるんでしょうね、続きが楽しみです。

そう言えば…今回は「母になる」と言い結構胸にグッとくる作品が多いですね。

母になる 2話の感想や3話のあらすじ等…1話は視聴率10%越え!

Sponsored Link

原作者の湊かなえの「告白」は300万部突破のヒット作

昨今の深夜アニメは結構ライトノベルが原作となっている奴が多いです。多くのドラマにもまた原作となる小説があったりします。このリバースも例外ではありません。

原作となった小説のリバースの作者は湊かなえさん。他にも「告白」「Nのために」等多くの作品を手掛けてらっしゃいます。「告白」は松たか子さん主演の映画として公開当時かなり話題とりましたので記憶に新しい人も多いのではないでしょうか。しかも告白に関しては300万部を突破しているとの事です!いや~凄いですね。

今回のリバースは2015年5月19日に先ず講談社から単行本verが出ているんですが、ドラマかに合わせてつい先日の2017年3月15日には文庫本verが出ています。因みに2017年3月のとある週の文庫売上ランキングではリバースが堂々の1位でした。注目されていますね!

ドラマのリバースと原作のリバースとでは色々相違点等もありますので、両方ともチェックされると良いんじゃないでしょうか!もっとも本筋の犯人が誰それとかは変わらないでしょうから読み過ぎるとあれかもしれませんがw

-よしなしごと