よしなしごと

母になる 4話感想と5話あらすじ…子役の道枝駿介は演技下手?

2017/05/06

どうもゼキュウです。

今日電車に乗っていたら、4~5人のお子さんを連れたお母さんがいらっしゃいました。

そんな状況を見ると…毎週水曜22時が絶賛放送中の「母になる」を思い出しちゃいますね。

今回は「母になる」第4話の感想と第5話のあらすじにフォーカスを当ててみます。

因みに第3話の感想と第4話のあらすじはこちらです。

母になる 3話感想と4話あらすじ 小池栄子に切ない口コミ多数!

Sponsored Link

母になる 4話感想…道枝駿介のセリフの意味する所は

4話の予告動画、皆さんご覧になりました?

あのお母さんとは思いません」と言う旨のセリフ…あれは引っかかりますよね。一体どういった経緯でそんなセリフをいう事になったのか、もしかしたらひた隠しにしていた離婚がばれてしまったとかなんでしょうか!?

そして倒れ込んだ(小池栄子さん演じる)麻子は一体どうしたんでしょうね?広と無理やりにでも決別し、心にぽっかり空いた穴の為無気力になってしまい倒れたのか…それとも何かの病気なのか…気になりますね~。

今回も切ないお話になりそうです。皆さんティッシュをお忘れなく!

第4話…(板谷由夏さん演じる)莉沙子と(浅野和之さん演じる)西原教授の夫婦喧嘩いい味出してましたね~。結衣と陽一に非常にリンクしていました。きっと二人は思うところが凄くあったでしょうね~。教授かっこよかったわぁ~。

結衣と陽一の離婚の原因等にも少し触れましたけど、物凄く世の中にありそうな理由でしたね。そして麻子にあの様な過去があったとは…。

しっかし今回も切なさ溢れるお話でした。離婚がばれて云々とかではなさそうでしたが…やはり人生の殆どを実の母親と過ごしていない歪が出てきてしまった感じですね…。広自身も色々辛そうです。

終盤の展開にはちょっと驚かされましたが、結衣にも麻子にも広にも…ジ~ンときましたね。ほんの少しだけど確かな一歩って感じでした!!

そして…麻子が吹っ飛んだ理由はそういう事だったんですね…色々踏んだり蹴ったりだ><

まぁ元から警察に届けていればこうはならなかったんだがな!

次週が楽しみです。

母になる

母になる 5話あらすじ

5話も結構な修羅場になりそうですな~!

第4話では踏んだり蹴ったりだった麻子が結衣達の柏崎オートに従業員としてやってくるみたいですね。

狙った訳ではなく数奇な運命の巡り合わせでそうなるみたいですが。(風吹ジュンさん演じる)里恵に広の写真を見せてもらった時にはワンチャンを期待したかもしれませんけどね。

広は広で(望月歩さん演じる)今偉と一緒に姿をくらましてしまうんです。何でも今偉の母親探しをする為だとか…。もしかしたら施設にどうのって言っていたのはこれも絡んでいたのかもしれませんね。

ドラマもそろそろ中盤、続きが益々気になります。

母になる 子役の道枝駿介の演技が棒読みなのはわざと下手くそに?

「母になる」には色々な感想を抱いている方がいらっしゃいますが、子役の道枝駿介さんの演技が気になると言う意見は結構ある様です。まぁ確かに1-2話辺りではちょっとよそよそしいというか、棒読みっぽいニュアンスが有った気はします。

ですが、(道枝駿介さん演じる)広は(沢尻エリカさん演じる)結衣と再会出来たとはいえ、ず~~~と永らく会う事が叶わなかった訳ですよ。人生の殆どは結衣と過ごしていないんです。かような人とこれから家族として暮らす…そりゃそうもなるってもんじゃないですかね。大人であれば話は変わると思いますが、まだまだ子供であり多感な時期ですし。

そして第3話ではそれまでに比べてある程度打ち解けて話せている様に感じました。

これは純粋に経験値が貯まって道枝駿介さんが流暢に話せるようになった、ともとれなくはないですが私は恐らく初めの内はわざと下手くそに見せていたんじゃないかと思いますけどね。

今回もまた広の出番は有るでしょうから、そこで再度確認してみるのもいいかもしれません。取り敢えず続きが楽しみです。

-よしなしごと