よしなしごと

フランケンシュタインの恋 6話感想と7話あらすじ…ロケ地は沼津のどこ?

どうもゼキュウです。

御飯にキノコが出てくるとなんとも「フランケンシュタインの恋」を思い出してしまいますね。

今回は「フランケンシュタインの恋」の6話感想と7話あらすじにフォーカスを当ててみます。

Sponsored Link

フランケンシュタインの恋 第6話感想

今回は遂に今まで投稿しているだけだったら例のラジオ番組に綾野剛さん演じる深志研が出演するんですよね!

一応自身が怪物である事等は打ち明ける様ですが果たしてどうなることやら…

柄本明さん演じる鶴丸は深志研を評価しているものの純粋に社会へ放つことにはまだ懐疑的な様です。まぁ自身を完全に制御出来ている訳ではないから仕方のない事かもしれません。

二階堂ふみさん演じる津軽もラジオ出演を心配しているみたいですが、どうにかこうにか深志研の人気は高まっていく様です。

今回はまた色々と切ない感じでしたね。ラジオロケでは深志研の真面目さがにじみ出ていましたが…なんとも辛くなってまうと><

これはあまりこのままラジオに出演してもらうのは心揺さぶられますね。津軽の心配もごもっともだ。こう…段々とシザーハンズを彷彿させる展開!

今回は大分キノコ感を抑えていたと思いましたが…最後の最後であぁなってしまいましたね。かなり頑張って制御していたと思いましたが津軽がらみだとどうしても…って所でしょうか。

良い所でエンディングになってしまいましたが、続きがどの様になるのか非常に気になりますね。

フランケンシュタインの恋

フランケンシュタインの恋 第7話あらすじ

またもや暴走してしまった深志研…山内圭哉さん演じる十勝はこの件で病院送りになります。まぁどうにか一命はとりとめる様ですが。

そして深志研からは新しいキノコが!…これはやはりどの感情で暴走したかでキノコの種類が変わってくるとかなのでしょうか。鶴丸の分析では感情の高まりで生じると睨んでいる様ですね。

また、新井浩文さん演じる天草にその秘密を教えると共に見世物にしないように頼むものの、天草は自身の意思とは別に上からの圧力には抗えない様子。

結果として番組出演を承諾する事になってしまった深志研…果たしてどうなることやら

Sponsored Link

フランケンシュタインの恋 深志研がいた森や出会ったロケ地は?

ドラマを見ていてふと自分が知っている場所とくに地元とかが出てくるとテンション上がりますよね~。まぁ私はかような場所には住んでいないですけれど…。

今回の「フランケンシュタインの恋」はラブライブサンシャイン等でも舞台となった静岡県は沼津市がロケ地としてちょくちょく使われているみたいですね。

「フランケンシュタインの恋」の始まり…深志研と津軽が出会ったあの大杉は静岡県沼津市西浦河内にあるらしいですよ。大杉…大杉連さん…いやなんでもないです。

大杉連と岸本加世子は夫婦なの?若い頃の写真&画像がイケメン!

そして深志研が暮らしていたあの山は同じく静岡県沼津市にある香貫山公園と言う所らしいです。正確な住所は静岡県沼津市上香貫字平戸2312−3、写真等で見る限り中々景色も良さそうです。皆さん一度訪れてみてはいかがでしょうか?

前回の第5話は視聴率6.1%だった「フランケンシュタインの恋」、一説ではキノコのせいで率が思うように上がっていないのではないか?なんて話もありますが果たして…。

という訳で今回は「フランケンシュタインの恋」第6話感想と第7話のあらすじをお届けしました。

-よしなしごと