よしなしごと

セシルのもくろみ 1話感想と2話あらすじ…原作の小説や作者は誰?

2017/08/24

どうもゼキュウです。

ドラマやアニメも新しいクールに入った為、前クールで撮り貯めしたアニメを一気見する事に翻弄されています!

まぁアニメは基本30分で1本、オープニングとCMをカットすれば実に20分強い程度まで短縮されるので本気出せばどうにでもなるんですけどねw

しかしドラマはそうもいかないので基本リアタイです!

という訳で今回は新ドラマ「セシルのもくろみ」の第1話感想と第2話あらすじにフォーカスを当ててみます。

Sponsored Link

セシルのもくろみ 1話感想…主人公は普通の主婦(真木よう子)!

今作の主人公は、(宇野祥平さん演じる)夫の伸行と(佐藤瑠生亮さん演じる)息子の宏樹と3人で暮らしている(真木よう子さん演じる)宮地奈央…普通の主婦です。(あの美しさを持っている主婦を普通と言っていいのかは分かりませんがw)。

そんな奈央に変化が訪れます。(板谷由夏さん演じる)黒沢洵子から読モこと読者モデルにスカウトされるんです。オメガドライブ…いやお目が高い!

一度はオーディションの話を断った奈央ですが、ファッションライターをやっている(伊藤歩さん演じる)沖田江里の熱烈ラブコールを受けてオーディションに参加する事に!

しかしながら今までそう言った経験がある訳でもなく、日々の小さな幸せに満足を感じている奈央は中々撮影が上手くいきません。果たしてオーディションの結果はどうなるんでしょうか…?

作中で奈央は埼玉県の春日部に住んでいるんですけれども、北春日部駅も登場してましたね。使用されている方とかは嬉しいでしょうね~!…春日部と言えばクレヨンしんちゃんもあそこが舞台になっていますね~。ひろしさんの復帰も期待できそうですし、そちらも楽しみです。

藤原啓治 代役声優は誰?クレヨンしんちゃんやマクロス等について

ネット上等の反応を見ているとやはり真木よう子さんの美貌を絶賛する声が多発していましたね!(ひとぱーこと人は見た目が100%の時の様に、桐谷美玲は見た目で勝ち組やないか!みたいな事が起こらなければいいのですが…w)ただ一部では細すぎない?ってな心配する意見も見受けられたので何ともないと良いのですが!

それにしても、奈央のセリフとか聞いていると確かに普通の主婦が言いそうな事のツボが抑えられていてなんとも親近感が湧いてきますよね~。焼肉の下りとか良かったなぁ~。行動もまたリンクするんですよね~!そんな奈央が雑誌に載った事が分かった時には私もついつい嬉しくなりましたw

そう言えばこのドラマ、チュートリアルの徳井義実さんが出演されているんですよね。「しゃべくり007」なのでちょっとオネェっぽいキャラやっていたりもする徳井義実さんですが、今回のドラマでも中々良いお味を出されていましたね~!ツイッター等でも大評判でした!!

 

あとリリー・フランキーさんもこのドラマ出演されているんですけれど、これがまたシュッとした役で良いんですよね~。私が知っているリリー・フランキーさんの役ってもうちょっとこう…モジャっとして良い味出しているってイメージが強かったので結構新鮮でした。そいや、リリ・フランキーさんて吉田綱太郎さんと似ているなんて話もありますよね。

吉田鋼太郎 全寮制と噂の出身高校や関西弁が上手い理由が気になる

今期も色々ドラマに期待できそうだ!

セシルのもくろみ

セシルのもくろみ 2話あらすじ

見事雑誌に載るに至った奈央、次なる目標は読者モデルの中で人気を博していく事です。

そんな奈央が読者モデルを務める事となった雑誌「ヴァニティ」で現在一番人気であろう人がハマユカこと(吉瀬美智子さん演じる)浜口由華子。

なんと奈央とこの浜口由華子、息子が同じ学校で尚且つ先輩後輩と言う間柄なんです。偶然にも浜口由華子と出会った奈央は自宅に招かれ…すっかり意気投合するとともに浜口由華子に感化され、しまいには「ハマユカになる」と言いはじめる始末w

そんな最中…事件が発生します。

何が原因かは分かりませんが「ヴァニティ」の専属モデルの人が一触即発の危険な状態になってしまうんです!トラブルを起こしてしまった以上、最悪の場合は解雇も有り得るこの状況を逆にチャンスと捉える江里…第2話でも色々しでかしそうですよ!

Sponsored Link

セシルのもくろみ 原作小説や作者の名前は何?

セシルなんて聞くと私はどうしてもFF4のセシル・ハーヴィーを思い出してしまいますね~。あれは良い作品だった、うん。この作品に登場した

「もうひといきじゃ パワーをメテオに」「いいですとも!」

と言うセリフはFF史上、語り継がれている有名なセリフの1つです。

…さてさて、ドラマ「セシルのもくろみ」には原作が存在します。それが小説「セシルのもくろみ」です。タイトルをそのままにドラマにしたって事ですね~。

2010年2月には発刊されたこちらの小説(文庫版は2013年4月)、作者は唯川恵さんです。所謂ペンネーム的な奴で本名は「宮武泰子」さんだそうな。

今まで数多くの作品を手掛けてきた唯川恵さん、コバルト・ノベル大賞や柴田錬三郎賞、そして直木賞等も受賞されています!!そして幾つかの作品が今までテレビドラマ化されてきました。

上でも触れたように「セシルのもくろみ」は普通の主婦がモデルにスカウトされそちらの業界で活躍していく訳なのですが…一見華やかに見えるあちらの世界ですが、皆さんご存知の通り色々黒い部分も。小説ではその辺りの事も描かれている様ですが、果たしてドラマではどの様な描写になるのか、楽しみですね!

という訳で今回は「セシルのもくろみ」の第1話感想と第2話あらすじをに関してお届けしました。

-よしなしごと