ガンダム

ガンオタが集まると…知識自慢の不毛な争いが始まる!一体何故?

2017/02/06

先日散髪をしてきて気分がスッキリです。どうもゼキュウです。

さて、皆さんはマイナーな作品が好きだったり趣味を持っていたりしますか?マイナーだとどうしても他人と気持ちを共有出来なかったりするのがつらい所です…。

しかしその分共有出来る人に出くわした時はテンションが跳ね上がりますよね!

会話も弾んで専門用語が飛び交ったりして周りの人が引いてしまう…なんて事もあるんじゃないでしょうか。

Sponsored Link

他人と気持ちを共有できるのは嬉しいですよね

私は長らくFF11というオンラインゲームをやっていました(かれこれ7年位でしょうか)。日本初の純国産MMORPGとして脚光を浴びていた
作品で未だにサービス終了にはなっていないという中々に根強いゲームです。にも拘らず私の周りでプレイしていた人なんて殆ど居ませんでし
た。私はもうFF11は引退してしまったのですが遂先日現役のプレーヤーの方とお会いしまして、久々その話が出来て非常に嬉しかったです。

自分がそのモノを好きで、相手も好きで、その気持ちが共有出来ると度合の違いは有れど嬉しいものです。一つのモノをきっかけに和気あいあ
い出来る…いいじゃありませんか。

ガンオタが集まると…知識自慢の不毛な争いが始まります

が、しかし!ガンオタはそうはいきません。ガンダムオタク、略してガンオタ、縮めてガノタ…な人達が集まると必ず起こるのが「知識自慢」と
いう不毛な争いです。俺の方が詳しい!いや俺の方が詳しい!といった無駄な争い…まぁ、かくいう私もそんなガノタの一人ですが。自分でも不
毛というのは分かってはいるんですがどうにもこうにも…なんですよね。

どうして争いが起こってしまうのか

ではどうしてそんな争いが起こってしまうのでしょうか?いくつか理由を考えてみました。

①オタには知識を見せびらかしたいという性がある
まぁオタじゃなかっとしても新しく仕入れた知識や情報等は誰かに早く言いたい!!って方は結構いらっしゃいますよね。

②オタは自分のテリトリーにプライドを持っている
心血や情熱を注いでいるモノに関してはプライドを持っていますから、他の誰にも負けたくはないという思いがあります(ホントは勝ち負けじゃ
ないですけど)。

③にわかが嫌い
これはきっと皆さんも思う所が有ると思います。自分の好きなモノを他の人が適当にあしらっているとちょっとイラッとしてしまう事ってありま
すよね。例えば○○さんというアーティストを好きだと言っている人がそのアーティストの曲が一つも分からないとかですね。自分が心血を注いで
いれば注いでいる程その度合は大きいです。

以上の事から衝突するのは必然な気もしますが、もしかしたらそのきっかけは相手がにわかかどうか判断する所から来ているのかもしれません。
皆さんそんなガノタを見かけてもどうか生暖かい目で見てあげてください。

-ガンダム