健康

クーラーと胃腸炎の意外な関係とは?…正露丸や飲み物の売上好調!

どうもゼキュウです。

いやはや暑い日が続きますね~。

光熱費は掛かってしまいますが…もう冷房が我慢出来ない!なんて方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

家の中でも熱中症等には気を付けなければならない、なんて話も聞きますがガンガンにクーラー等を掛け過ぎるのはそれはそれで問題が有る様ですよ。

なんでも巷ではその影響で体調を悪くしたのかあのラッパのマークの「正露丸」の売り上げが好調なんて話も有る様です。

Sponsored Link

掛け過ぎ注意?クーラーと胃腸炎の意外な関係とは…

暑いとついついガンガンにクーラーを掛けたくなりますが、そんな部屋から一歩外へ出てみると今まで涼しい所に居た分物凄く熱く感じますよね。余計にだるくなったりしてしまいます。

そう言った寒暖差の激しい所を行ったり来たりするというのは体にも大変よろしくありません。

と言うのも本来暑い所にいれば汗をかく等して体を冷やそうと勝手に体がしてくれたりする訳ですが(逆もまた然り)、そのバランスがくるってしまうらしいのです。今自分は果たして寒い所にいるのか暑いところにいるのか分からなくなってしまうという訳です。

結果、体に色々異常をきたしてしまうと。勿論そこには胃腸炎の際の代表的症状である下痢やら嘔吐なんてのも…。

また寒暖差が激しくなくともクーラー等で体を冷やし続けるという事自体が体には良くないです。冷える事で体の代謝や血流が悪くなったり…という事も十分考えらえるそうですから。

こちらも結果として臓器などの働きも鈍って胃腸炎等の原因になってしまう事もあるそうな。

勿論暑さ対策としてクーラーと言うのは有効な手段の1つでしょうけれど、何事もやり過ぎはダメだという事ですね。

セブンプレミアムのアレが美味い!飲み過ぎで正露丸も売上好調?

夏場は上述した様にクーラーによる体の「冷え」も危惧されますが、よく冷えたジュース等をガブガブ飲む事によって体を冷やしてしまうなんてケースも十二分に考えられますよね。水分の取りすぎってのもありますが。

特に大人の好きなそれ的な飲み物とかは売れ行きが夏場は伸びる様です。まぁほんちゃんのあっちの飲み物の1/3~1/2程度の価格で購入可能ってのは庶民にとっては嬉しい限りですよね。私はセブンプレミアムの奴が好きですね。あまりそういう系自体呑む事少ないですけど。

私は前にセブンでバイトしていた事が有るんですが、やっぱり夏場は氷とそれ的な飲み物とか購入されている方多かったです。

セブンプレミアム等の自社製品の類はそれ的な飲み物の中でも競合他社に比べて更に安いと言うのが嬉しい所ですよね。商品によっては二桁だったり!…まぁ税込みになるとあれですけどね。

昔は安かろう悪かろうってのが常識だったかもしれませんが(勿論今でもそう言うのはあるでしょうけど)、安く手もそこそこの品質な商品が増えているのが嬉しい所です。

しかしながら、上記の様にキンキンに冷えたこれらの飲み物を飲み過ぎると…また体を冷やすことになりますし、胃腸への負担も小さくありません。私も調子に乗って冷たい物を取り過ぎて何度お腹をあれしたことか。

皆さんも大きな病気になる前に、程々に楽しんでくださいね。クーラーの冷えや飲み物等による冷えも加わって体調を崩す人が増え、正露丸等の売上も伸びているらしいですから。

Sponsored Link

クール敷パッドや扇風機等の使用も考えよう!

クーラーの温度を下げたり風向を変えたり風量をブーストしたりして涼しさを感じる、冷たい飲み物を飲んで涼しさを感じる…。

と言うのは上記の様にやり過ぎるとリスクを伴います。その為か最近ではそう言った物以外に直接的に温度をどうこうせずとも涼しさを感じられる様なアイテムが売られていたりしますよね。

その内の1つがクール敷パッドです。スーパーの寝具売り場とか家具屋とかで主に取り扱われているかと思います。私も某メーカーの奴をベッドのマットレスに装着しています。ない時に比べると横になった時のひんやり感が違いますね。

最近テレビでお値段以上「ニトリ」の「Nクール寝具と言うカテゴリーのアイテムが紹介されていました。売れ行きがかなり好調な様です。公式HPを見てみるとパッドの他にも布団やタオルケット、枕用のアイテムも有りました。

1つでも十分効果はあるでしょうけれど、一式そろえたら大分変りそうですね。また、ただひんやり感じられるだけでなく汲水作用やら抗菌防臭の機能やらが付いているとの事なので是非ご購入を検討されては如何でしょうか?

その他にもクーラーと扇風機を併用する事によりクーラーの温度を下げるのを控えたり…風鈴でワビサビを感じたり…と工夫を凝らす事で直接的に冷たい物に過度に頼らずとも夏を乗り切る事が可能になります。是非この夏は体調を崩さず過ごしてみましょう!

-健康