よしなしごと

ごめん、愛してる 6話感想と7話ネタバレ…5話の凜華の衣装ブランドは?

どうもゼキュウです。

悪い事をしたら「ごめんなさい」と謝る…これは普通の流れですよね。

しかしながら悪い事をしたと思っても素直に謝るのが苦手な方も世の中にはいらっしゃいます。

ドラマ「ごめん、愛してる」の(大竹しのぶさん演じる)麗子もそんな人な気がしますね。

今回はそんなドラマ「ごめん、愛してる」の第6話感想と第7話ネタバレにフォーカスを当ててみます。

因みに前回のはコチラ

ごめん、愛してる 5話感想と6話あらすじ…凜華の花柄フリルはどこの?

Sponsored Link

ごめん、愛してる 6話感想

6話で気になる所と言えばなんと言っても(六角精児さん演じる)加賀美の麗子に関するスキャンダル記事周りの出来事ですよね。

(中村梅雀さん演じる)恒夫もそれを受けて律を閉じ込めるみたいですから。しっかし…母親とはいえ自分を捨てた麗子を守ろうと報道陣相手に大立ち回りを演じる律はいい人だなぁ。

今回のスキャンダルで律の事が色々分かりそうなので楽しみです。

そしてもう1つ(坂口健太郎さん演じる)サトルと(大西礼芳さん演じる)塔子の仲がどうなっていくのかも謎ですね。塔子が新婚旅行中に姿をくらますみたいなので。

果たしてオンエアーではどうなるのか…

今回は律にとってもサトルにとっても結構辛い話でしたね~。

恐らく父親が奴である事は明らかの様ですが…麗子になかった事にされてしまいましたからね。わざわざ記者会見を開いて消したい過去と言われたのは…ねぇ。そもそも記者会見を開いたのも全てはサトルの為と言う…。もっともそれが本当の本心であるとは限りませんが。でもなぁ父親が奴だと凜華のおやっさんが律は絶対ダメだって言っていたのが説明つかないんだよなぁ~。もっと秘密がありそうな気もする…!

そう言えば記者会見での加賀美のあの不敵な笑み…奴はまだ何か企んでいそうです。良い味だしてますね~六角精児さん。

その後の律と凜華のイチャイチャシーンが何とも可愛いんだけどちょっと切なくも感じましたね。

またサトルはサトルで最愛の塔子が自身から離れて知ってしまった訳ですからね。しかも婚約した目的や好意を抱いていなかった事まで分かってしまったと言う…。ただまぁ最初からホントは好きじゃないんじゃないの?ってのは感じ取れた気はしますが。

しっかし今回はやばかったですね。ギリギリ律の余命の事は凜華にばれずに済みましたが…。絶対思うところありそうですけど。

そしてこのままいい感じにいくのかな~と思いきや最後の最後で暗雲が…となる展開!徐々に蝕まれている感じですね。サトルも事故でヤヴァイですし。

非情に続きの気になる展開です。

ごめん、愛してる

ごめん、愛してる…7話ネタバレ

どうにか一命はとりとめたサトルですが楽観できる状況ではない様です。将来的には心臓移植等が必要になるかも…らしい。(これはサトルか律かどちらかしか生きられないとかそういう事なのだろうか)。

サトルが自分の全てと言っていただけの事もあり、麗子はかなり取り乱す様です。しかも何故か理不尽にも責められるのは律という…。どう考えても塔子がガンだろうに!

凜華は凜華でイザと言う時にサトルの為に行動が起こせなかったことと、麗子の命令もありサトルの傍に暫くいるみたいですが…既に心は律に傾いていますね~。でもそれを言ってしまったらサトルが壊れるかもしれないし、どう立ち回るんでしょうかね。

そして6話でもあったように律はやっぱり症状が悪化している様子。予告動画でもなんだろう…終活的な事をやっている雰囲気が漂ってましたよね。色々覚悟をきめていそうです。

7話は凜華メインな感じになるのかな?

Sponsored Link

ごめん、愛してる…5話の凜華・吉岡里帆の衣装ブランドや視聴率について

さてサトルと婚約した塔子の真意も垣間見えた「ごめん、愛してる」の第5話ですが視聴率は9.4%をマークしたとの事、好調ですね~!!

そんな第5話では凜華役の吉岡里帆さんが着ていた黄色のトップスがなんとも印象的でしたよね。縦のラインがなんとも可愛らしいトップスです。

こちらのトップス5話の予告動画にも登場していましたけれど、「AZUL BY MOUSSY」の「キャミレイヤード半袖ニットプルオーバー」と言うアイテムらしいです。

キャミレイヤード…私は初めて聞いたワードですw

因みに楽天さんで見たところ税込み2154円でした!結構お手頃価格ですね。カラーバリエーションはブラックとイエローとグレーとある様ですが…イエローは私が見た時に売り切れ表示されていましたね。やはりドラマで登場した事もあって人気が上昇してるって事なのかもしれませんね。

という訳で今回は「ごめん、愛してる」の第6話感想と第7話ネタバレに関してお届けしました。

-よしなしごと