よしなしごと

警視庁いきもの係 これまでのあらすじと10話感想…日曜9時枠は何になる?

2017/09/12

どうもゼキュウです。

毎回動物と橋本環奈さんに癒される事の多かった「警視庁いきもの係」…今回で最終回なんですよね~寂しです。

そして前回からこのドラマ一気にサスペンス色を増してきました!

ちゃんと広げた風呂敷をまとめる事が出来るのか…今日の放送が楽しみです。

という訳で今回は「警視庁いきもの係」の第10話感想にフォーカスを当ててみます。

因みに前回のはこちら

警視庁いきもの係 9話感想と10話のあらすじ…旅館のロケ地はどこ?

Sponsored Link

警視庁いきもの係 これまでのあらすじ

(渡部篤郎さん演じる)須藤と(橋本環奈さん演じる)圭子を中心としたいきもの係の面々の活躍を描いてきた「警視庁いきもの係」。

思い返せば様々な動物が登場しました。リスザルやスカンクにヨウム…ピラニアなんてのもいましたね。私が特に印象的なのはフクロウですね~。中々普段注目する事がないので色々知れたのは良かったです。

基本的には1話の中で事件が発生し解決されるという、単発モノが連なっていく展開のこのドラマ…上記の動物達や橋本環奈さんには癒される~と伴にいつも事件の犠牲になっているシーンを見るといたたまれない気分になります

そんな中で犯人に対す圭子のセリフの1つ1つが心に突き刺さるんですよね。そしてそう言った圭子の言葉などに感化されてか初めこそ怪訝な表情を浮かべていた須藤も徐々にいきもの係になじんでいきます。

展開に変化が生じたのが前回の第9話です。遂に単発の事件の裏でうごめいていた大きな事件が表面化し始めるのです。一気にサスペンス色が強くなりました。9話で風呂敷を広げた形になった訳ですが…10話でどうまとめてくるんでしょうね。楽しみです。

警視庁いきもの係

警視庁いきもの係 10話感想

放送終わってしまいましたね。毎週楽しみにしていたのでちょっと残念です。やはり最終回後は寂しくなりますねぇ。

さて第10話の感想ですけれども…取り敢えず面白かったです!9話の急激な展開の時はどうなる事かと思っていましたが…良かった良かった。

前回ので(横山だいすけさん演じる)四十万が出来る奴なんだ!と思ったら…今回結局そうではなかったのはちょっと笑ってしまいましたねw

最早定番となった犯人を説き伏せる圭子と須藤の姿は素晴らしかったです。ちゃんといきもの係の存在意義を含めたうえでの説得だったのが特に。いきもの係が設けられた背景にはそう言う理由があったんですね~。

事件解決後、最後のシーンで今まで動物一筋だった圭子が人間にも興味を示した時には圭子も成長したんだなぁとほのぼのしましたね。捜査一課への復帰を呼びかけられた須藤もいきもの係に残る事を選択したし個人的には続編も期待できちゃうかな?って感じでしたが…果たしてどうなりますかね。

そう言えばエンディングも良かったですね。今まで色々マイナーチェンジをしてきましたけれど、今回はキャストバージョンでした。皆の踊りが何とも可愛らしくてホッコリしましたw

Sponsored Link

警視庁いきもの係 10話の視聴率…来季から日曜9時は何になる!?

さてそんな「警視庁いきもの係」の第10話視聴率ですけれども…まだ判明していない様なので後ほど追記しますね。最後だし…上昇しているとは思うんですけどね。

最後と言えばこの日曜日夜9時枠は来季からドラマではなくなる見込みらしいですね。この枠はドラマになったりバラエティになったりと何度か入れ替わりが行われていますね。

「警視庁いきもの係」は面白かったですけれど、最近のこの枠のドラマは視聴率が芳しくない様です。まぁライバルが人気バラエティ番組の「行列のできる法律相談所」と今期だと「ごめん、愛してる」でしたからね。基結構つらい帯ではあるんです。「マルモのおきて」は凄かったですけどね!

そんな中フジテレビが開いた会見によりますと…この枠は7時から放送されていた「フルタチさん」も廃止して「ニチファミ!」と言う家族向けのバラエティ番組を7時~10時の枠でやるみたいです。

果たしてこのピンチを切り抜けられるのか…注目したいですね。

余談ですが…このタイトルを見た時ファミチキかと一瞬思ってしまったのは私だけではないはず…!

という訳で今回は「警視庁いきもの係」の第10話に関してお届けしました。

-よしなしごと