ガンダム

脅威の命中率100%!?これがガノタもといオタの特徴③選だっ!

2017/02/06

以前私が電車に乗っていると大きな手提げ袋を提げている人達がいっぱい乗ってきました。

袋を見てみるとアニメ系の絵がプリントされていました。暫くするとまた大きな手提げ袋を提げている人達がいっぱい乗ってきました、

心なしか親子連れが多い気がしました。

袋を見てみると某千葉県なのに東京を名乗っているテーマパークのキャラクター達がプリントされていました。

見た目はほぼ変わらないのに全く性質の異なる両者が一緒の車両に結構な数居る…何とも不思議な体験をしました、どうもゼキュウです。

Sponsored Link

さて皆さん。

勉強・仕事・育児…諸々がようやっとひと段落し私もそろそろガノタライフを始めたいなぁ~

だけど一人だとちょと不安、せめて周りに一緒にガノタライフを送ってくれそうな人がいるかどうか確かめたい!

だけど確かめ方が分からない…どうしたらいいの~~~~~?(パラダイス風)って事稀によくありますよね?

我々ガノタの中にはすれ違った人がガノタなのかどうか第六感で分かる…そんな人達が居ます。

因みに私はすれ違った人がガノタなのかどうかそしてガノタなのであればどの程度のガノタなのか(ライトなのかミドルなのかヘヴィなのか…)が分かる様になってきました。

しかし、これはガノタをそれなりに長くやっていなければ会得出来るスキルではありませんので、今回は素人目に見ても分かるガノタ基オタの特徴をお教えします。

題して「脅威の命中率100%!?これがガノタもといオタの特徴③選だっ!」

特徴①服装

数年前の世間が抱くオタの服装のイメージと言えば…「Tシャツ、チェックのシャツ(前が空くタイプの奴)、ジーパン、鉢巻、メガネ、リュックサック(ポスターという名のビームサーベル付き)、手提げ袋」てな感じでした。

しかし2016年そんなテンプレートなオタはそうそういません。流石に服装に多少なりとも気を付ける様になったという事かもしれません。

では2016年のテンプレートは何かというと服の種類的には中々これといったものは有りません。心なしかパーカーは多い気がしますがテンプレートと言う程ではありません…。

そこで私が注目したのは色味です。特に多く使われるのがアースカラーとモノトーンたま~に青とか赤とかピンクとかいますけど基本は先の2種類です。

夏や冬にはあの国際展示場が人で埋め尽くされてしまう位にオタが集まるわけですが(それでも一部なんだから凄いですよね)あの人だかりを傍から見るともうほぼほぼ一色ですよ。

特徴②口調

オタは早口な人が多いです。自分の内に秘めたる熱い思いを上手く表現する事が出来ずにスババババ~~っと話してしまう、そんな傾向にあります。

情熱はそれなりに伝わってくるものの結局言いたい事は何だったのか…それが良く分からないなんて事がよくあります。後、変な所で声が裏返ります。まぁオタに限らずとも感情が昂っている時は会話が支離滅裂になりますけどね。

頭の理解を超えて先に口が動いてしまい話すスピードも滑舌も話の構成も普段のそれとは変わってしまうもんです。ただ、オタの場合は秘めたる思いが他の人よりも熱いですからその分顕著です。

特徴③メガネ

オタの誇る圧倒的メガネ率!もう8割位メガネなんじゃないかなって感じです。

目が悪いならコンタクトという選択肢もあるのですがメガネですね。やはり掛けるだけというのはコンタクトに比べて圧倒的アドバンテージです。

メガネは最早ただの視力を補う為の物だけではなくファッションアイテムの一つとしても存在価値が有りますのでそこを上手く利用出来れば特徴①が変化してくるかもしれません。

因みに…ガノタの中でも特異な方達は“全身を真っ赤にする”“髪の毛を金髪に染める+でかいサングラスを掛ける”“自転車を金で塗装する”などの特徴が有りますが、ガノタ初心者の方にはちょっとコア過ぎるので上記の①~③の特徴を満たしている方を探してみて下さい。

周りの人を要チェックして一緒にハッピーなガノタライフをお過ごし下さい。

-ガンダム