よしなしごと

谷まりあ 早稲田入試が推薦とか学部が国際教養と言われる訳は?

2017/10/03

どうもゼキュウです。

10月に入りましたね。朝起きると少し肌寒くなってきました。

またしばらくすると布団からでたくないあのシーズンがやってくるのか…はぁ。

さて気を取り直して…

今回は雑誌「ViVi」の専属モデル等として活躍中のハーフタレント、谷まりあさんにフォーカスを当ててみます。

Sponsored Link

谷まりあ 高校からレベルが高い!大学は早稲田大学国際教養学部?

現在はNHKの「えいごでしゃべらないとJr.」や日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」の出川ガールズとしても活躍している谷まりあさん、これらからも分かる様に英語に長けています。見た目の綺麗さとスタイルそして勉強の能力…いずれもハイスペックです。

勉強面は高校時代から既にハイレベルだった様です。ご自身で公表されている訳ではありませんが…高校は専修大学松戸高等学校と言われています。(こちらを卒業された方をまとめた某リストに谷まりあさんの名前が記載されています)

現在の偏差値を調べてみると…偏差値72!!怒涛の70越えです…。実はこの学校中高一貫の学校だそうなので谷まりあさん、中学からパネェかったって事ですね。

大学もさぞ凄いんだろうなぁと思って調べてみると…あの早稲田大学との事!学部は国際教養学部らしいです(一説では商学部との話も有る様ですが…主力はこちらの様ですね)。

ご本人が公表されていないものの国際教養学部と言われている背景には…早稲田の中でも特に英語は難しいと言われている分野であり述する様に谷まりあさんの上昇志向が高いと言う事、国際教養学部では英語関連で学ぶ事が多いと言う事等が有る様です。

谷まりあ

谷まりあ 早稲田大学入学は一般それとも推薦入試?浪人説についても

上記の様に非常にハイスペックな谷まりあさんですが…その力をもってしても早稲田大学は難関だった様です。

と言うのも、一浪してから入学されているんですね(浪人に関してはご本人が浪人時代の事等を語っておられるので真実でしょうね)。浪人時代は

それこそ朝から晩まで毎日10時間ぐらい勉強していました。

と以前インタビューで仰られていた谷まりあさん。10時間勉強…私は到底耐えられないですね。それも毎日なんて。毎日10時間以上ゲームをするなら出来ますけど…。

そこまでして目指した早稲田大学、その理由の1つとして

どうせやるんだったらトップに行きたい、自分の悔いのないようにしたいと思っていました。

という事を挙げられていました。しっかりとした目的意識を持てるのは羨ましいですなぁ。

そんな谷まりあさんの早稲田入学なのですが世間では推薦と思われている方も少なからずいらっしゃる様です…が一般入試で勝ち取られたとの事!!

まぁ芸能人が大学へ入学となると推薦入試とかAO入試に類するモノは付いて回る話ですね。実際問題、著名な芸能人の方でそれらの入試方法で入学されている方もいらっしゃいます(最も合格に漕ぎ着けるだけの世間への影響力を手に入れるのは相当に難しい事ですが)。

ただ、そう思われるのには先述の「世界の果てまでイッテQ!」への出演が少なからず影響していそうでした。

と言うのも、出川ガールズとして出演している谷まりあさんは出川哲郎さんとともに外国で外国の方とコミュニケーションをとらなければいけない訳なのです。が…英語に長けている谷まりあさんよりも言い方悪いですが英語は割とボロボロな出川哲郎さんの方が良い具合にコミュニケーションが取れていたりするので実は英語下手なんじゃないかと思われている節が有るんですよね。

まぁあれはあれです、出川哲郎さんが凄すぎるだけです!何十年も芸能界に君臨し、海外ロケも数多くこなしている出川哲郎さんは伊達じゃない!!

Sponsored Link

谷まりあさんのこと ヒルナンデスでダサい・ウザいと言われた訳とは?

水沢アリーさん等が在籍されている株式会社スターレイプロダクションに身を置いている谷まりあさん、ご自身のInstagramは初めのうちはフォロワーが数人程度だったものの2016年には8万人以上になったらしいですね~。上記の浪人生時代の頑張りも少なからずフォロワー増加に良い影響を与えていたみたいですよ。

さてそんな谷まりあさん、2017年にはお昼の時間帯の人気番組「ヒルナンデス!」にも出演されました。

なのですが…ちょっとその事に関してはマイナスな意見が多く見受けられたんですよね。

と言うのも「ヒルナンデス!」のコーナーの中にコーデでバトルするみたいなのがあるんですけれども、それで谷まりあさんもコーデを披露したんです。そこでの態度があまりよろしばなかったんですね。

奇しくもコーデバトルで負けてしまった谷まりあさん、その原因が審査員に有るかのような発言をしてしまったんです(審査員と年齢が離れていたからだとかセンスが違ったからだとかその手の)。

その為ウザいとかダサいとか態度悪いと言われてしまっているみたいです。

自信のあるコーディネイトが負けてしまったのが悔しいのは分かりますが…噛み付く系のキャラクターでテレビ出演していこうと言う方針でないのであれば殊勝なコメントの方がいいかもしれませんね。個人的にはちょっと波乱が有った方が面白く手いいんですけどw

という訳で今回は谷まりあさんに関してお届けしました。

-よしなしごと