よしなしごと

さくらの親子丼 2話感想と3話あらすじ…簡単レシピもご紹介!

2017/10/15

どうもゼキュウです。

今秋ドラマ「さくらの親子丼」…内容的にはかなり泣ける部類にはいるし、親子丼はおいしそうだし、と色々良い意味で困らせてくれる作品ですw

ホントあの時間の御飯は…Σ

という訳で今回は「さくらの親子丼」の第2話感想と第3話あらすじにフォーカスを当ててみます。

因みに前回のはこちらです。

さくらの親子丼 1話感想と2話あらすじ…舞台は大田区のあの商店街

Sponsored Link

さくらの親子丼 第2話の感想

1話で衝撃的事実を知った(真矢ミキさん演じる)サクラですけれども(まさか我が子があれしてしまった切っ掛けが吉本実優さん演じるあざみだとはねぇ)、俊太が文字通り繋ぎとめた命であると言う事で守っていく事を決意するみたいですね~。

いやほんとできたお方です。

さて今回の第2話では上記の事に加えて…かつて「九十九堂」に通っていた(浅川梨奈さん演じる)佐伯風花のその後が描かれます。

幼子を連れたシングルマザーと言う事で、表面は順風満帆を装ってはいるものの実のところは…。

次第に風花の我が子への態度が悪化していく中で、あざみはとんでもない光景を目にしてしまうらしいです。一体何なんでしょうね~。気になります。最悪の事態だけは避けてくれよ…!

今回もヘヴィーな話にはなると思っていたけれど…よもや洗濯機に突っ込むとは思わなかった。怖すぎる。

でも決して世の中的に無い話ではないから物凄く胸がギュ~ってなりますね。

にしても…流石子役、演技がうまい。まぁだから余計に辛くなるんですが。

風花に対する胸糞悪い感じは皆さん抱かれていた様ですね。そりゃそうですよね…色々身勝手が過ぎると言うか親としての自覚に欠如していると言うか…ナンダコノヤローとなるのは必然な気がしました。

勿論風花は風花で悩んでいたのは事実ですけれどもね。色々立場も危ういですから。このドラマはほんと子育てに関して考えさせられますね。コウノドリでは出産に関して考えさせられたけれど。

胸の痛みに耐えつつドラマと共に視聴者の方にも子を育てるとは何か、考えて行って欲しいですね。

さくらの親子丼

さくらの親子丼 第3話のあらすじ

次の第3話ではさくらの娘(本仮屋ユイカさん演じる)恭子が登場する様ですね。

今はライター業等をやっているみたいですが、さくらの親子丼には中々否定的な人です。

今追っているヤマが、過去に人違いでボコボコにされた挙句未だに入院中の少女の件なのですが…それにどうやらあざみとリエが絡んでいるらしい…。

家に帰ってきた恭子はあざみを見つけてしまい、主犯と思われるリエの事を聞こうとするみたいですが…果たしてどうなりますかな。

また別件で学校の問題も出てくるみたいですね。

今から胸が苦しくなりそうだ…見るけど。

Sponsored Link

さくらの親子丼…お手軽簡単!親子丼レシピをご紹介!!

23時40分から放送されている「さくらの親子丼」ですが、初回の平均視聴率は4.2%だったそうです。中々この時間帯にしては悪くない滑り出し?なんじゃないでしょうか。

そして冒頭でも触れました通りこの時間帯でのご飯シーンは…破壊力が抜群ですΣ

という訳で今回は簡単にそしてお手軽に作れる親子丼レシピをご紹介したいと思います。使う材料は…

鶏肉(モモ)…これが無いと始まりませんね、1人分でしたら50gぐらいでしょうか。まぁお好みですね。

そして

玉ねぎ…親子丼でもカツ丼でも登場しますね。血液をサラサラにしてくれるなんて話も聞きますけれど、1人分なら1/4~1/3個といった所でしょうか。

さらに

…親子丼もう1つの主役ですね。1個あればいいと思います。

そして味付けですが、今回は手軽さを重んじる為に「めんつゆ」を使用します。ホントだったら大人の飲み物(調理用)とかみりんとか醤油とか色々配合するんですけれども。

まぁあれですね、ホットケーキミックスを使ってクッキー作りますみたいなもんです。

調理方法ですが…

先ずは玉ねぎと鶏肉を食べやすいサイズへカットします。続いてフライパン(薄いお鍋とかあればそれが良いんでしょうけれど…家にはそんなものありませんw)にめんつゆ(50ml)とお水(200ml)そして玉ねぎを入れて煮込み始めます。

※…私は4倍濃縮のめんつゆを使いました。

玉ねぎに少し火が通ってきたら鶏肉投入です。鶏肉に火が通るまでの間に卵をボールか何かに溶いておきます。数回混ぜる程度で大丈夫です。

鶏肉に火が通ったら、卵を投入し1煮立ちさせればOK。御飯にかけて完成です。最後にお好みでお海苔とか乗せるといいですね。雰囲気があって。

という訳で今回は「さくらの親子丼」に関してお届けしました。

-よしなしごと