ガンダム

ガノタはインカムと聞くと、インコムを思い出す…クリソツです!

2017/02/06

遅い…慣れていないのは分かるけれど、遅い。

先日コンビニに寄ったのですがどうにもレジが遅かったです…。

まぁ研修中と書いてあったので仕方ないですけどね。昼のピーク等はベテランさん達が見事な連携を見せています。

しかし、店舗が大きくなると連携が取り辛くなってしまいます。

コンビニはまだ店舗が大きいと言っても限りが有りますがスーパーや大手アパレルショップ等の大型店舗の場合は…。

Sponsored Link

そんな時便利なのがインカムですよね。

店内放送で業務連絡とか流されると客としては雑音でしかないです、ダイレクトに会話が出来るインカムは重宝します。

インカム…ガノタはインカムと聞くとインコムを思い浮かべてしまいます。

インコムとインカム、語感や響きがクリソツですね!

このインコムやビット、ファンネル等によるオールレンジ攻撃はガンダムを象徴する攻撃方法の1つですよね。

初めて作中のエルメスのビットを見た時は衝撃でしたね。流石にチートじゃないかと思いました。

普通眼前のMSが攻撃体制を取ったらそれに対して回避や防御と言った行動は取れますが、オールレンジ攻撃は自機を操縦しながらビーム攻撃が出来る自律マシンを自在に操る事で(パイロットがニュータイプである必要が有る)相手の真後ろやサイドと言った死角から攻撃を加える事が出来、使われた方は対処が難しいです。

このオールレンジ攻撃を使えば自機を晒すことなくそれなりに遠距離から一方的に攻撃を加える事や1対多の戦闘も出来ます。正に戦力の劣っている方からしてみれば起死回生の攻撃手段です。

インコムはそんなビットやファンネルの最大ネックであるパイロットを物凄く選ぶという点をある程度改善出来ています。

がその分有線式になってしまい、同時に扱える小型マシンの数、動きの自由度、稼働距離等の点で大きく劣っています。

勿論使われた方からすれば相当厄介な事に変わりはありませんが、ファンネル程の脅威ではないですね。

勿論オールレンジ攻撃の登場しないガンダム作品も多数存在しますしそれらも十分楽しい素晴らしい作品です。

が、ガノタとしてはやはりオールレンジ攻撃が登場する作品はちょっとテンションが上がります。

そんなオールレンジ攻撃のオンパレードなのがガンダムZZの終盤ですね。クィン・マンサに量産型キュベレイ、ゲーマルクや普通のキュベレイそしてインコムを積んだドーベンウルフ…世間的には駄作と言われたりしていますが私は大好きです。

皆さんもガンダムZZ是非見てください!それでは、良いガノタライフを!

-ガンダム