よしなしごと

民衆の敵 1話感想と2話あらすじ…原作との違いや作者について

2017/10/30

どうもゼキュウです。

昨日は投票日でしたね。皆さん投票行かれましたか?台風が直撃して色々と大変でしたね。

結果は皆さんご存知の通りですけれども、今後の日本がどうなっていくのか決して他人事ではないので考えていかなければなりませんね。

さて、そんな選挙を題材としたドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」が今夜9時から放送されます!

Sponsored Link

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~ 第1話感想

このドラマは篠原涼子さん演じる普通の主婦である佐藤智子が選挙に出馬し、そして世の中の腐った政治や社会問題等に牙をむいていくお話です。まぁ一種の社会風刺的な内容をはらんだドラマですね。

第1話では…

佐藤智子は市議会議員の選挙に出馬する事を思いつく訳なのですが、その理由が明かされます。(最初から正義感片手にという訳ではないみたいです。)

手続きをしている頃には既に始まってしまっていた選挙戦…ライバル達も続々登場します。笹野高史さん演じる磯部慎蔵や高橋一生さん演じる藤堂誠とか。

果たして佐藤智子は市議会議員になれるんでしょうか!?

かなりタイムリーな感んじになった「民衆の敵」ですが…皆さんどうでしたか?やっぱり逆転劇は見ていて面白いですよね。

人によっては思ってたのと違う、何て感じたかもいらっしゃるかもしれませんね。私としては現状結構楽しめていますが。時期が追い風になっている気はしますがw選挙自体が我々にとって新鮮な話題ですからね~。

そう言えば、先日の選挙特番では結構小泉進次郎さんをお見掛けしましたが…高橋一生さんはそのポジションなんですかね~何だか見た目とか喋っている事とか聞いていたらそんな感じなのかなぁと思いました。スマイルが相変わらずステキでした。癒されますね~。

さらに石田ゆり子さんも年齢を感じさせない程可愛らしかったです…!時が止まっているんじゃないでしょうか。政治に対する不満感が半端ない闇を抱えていそうなキャラクターでしたが、嬉しい助っとでしたね。良い働きをしそうです。

各候補の演説も熱くて中々良かったです。唯ちょっと残念だったのは…個人的にもちっとこう選挙戦略と言うかその手の方向も掘り下げてくれると良かったかなぁとも思いましたね。まぁ1話は自己紹介みたいなものだから今後政治家として立ち振る舞う時にその辺り語られるのかもしれませんが。

前期は視聴率的にも回復した月9ですが今後どうなるのかも含めて注目していきたいですね。

民衆の敵

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~第2話あらすじ

さてはれて市議会議員になれた佐藤智子ですが…次回早速やらかすみたいですね。

本会議で居眠りをこいていた(大澄賢也さん演じる)前田康を資料でポンと叩いて注意しちゃうんです。それにより前田は議会の笑いものに…。まぁ寝てる方が悪いんで自業自得だろうが、って感じですけどね。ただその手の輩に限って色々と面倒なもんです。

実はこの前田、(古田新太さん演じる)犬﨑和久の派閥の幹部だったんです。前田のボスである犬﨑は智子を呼びだして謝罪と自らの門下に下る事を要求してきますが…。

果たして次週智子はどんな対応をするのでしょうか!?

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~原作との違いや脚本家について

選挙を題材にしたドラマと言えばとんねるずの石橋貴明さんが出演されていた日本テレビの「レッツ・ゴー!永田町」が個人的には印象的です。

現実に起こった事や存在する政党や人名をことごとくパロディしていきましたからね~。あのノリはきらいじゃありませんでした。懐疑的な方達からは揶揄される事もあったみたいですけどね。ものまね番組ってw

あれは一応原案のある作品でしたが…

今回の「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」は原作の存在しない作品の様です。

因みに脚本家は黒沢久子さんと言う方が担当します。協同組合日本シナリオ作家協会で理事をされている方なんですね~。

今まで映画「お父さんと伊藤さん」「四十九日のレシピ」やドラマ「蒼井優×4つの嘘 カムフラージュ」等の作品にも携わってきました。

個人的に驚いたのは「ウルトラマンX」等の特撮作品にも触れてきているって事ですね~。ただ、連続ドラマを通しで担当された事はまだないみたいなのでその辺りに良くも悪くも注目したいですね。

という訳で今回は「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」に関してお届けしました。

-よしなしごと