よしなしごと

もみ消して冬 第1話感想と第2話あらすじ…ツイートのロケ地は何処?

どうもゼキュウです。

皆さんは実写版の「鋼の錬金術師」ご覧になりましたか?

結構CG頑張ってるなぁって感じはしていたんですが…ちょっと評判とか興行収入諸々芳しく無かったみたいですね~。製作費も取り戻せていないなんて話もききます。

まぁとにもかくにもキャストの方達は頑張ってる!これは真実だと思います。

という訳で今回はそんな「鋼の錬金術師」でも主役を務めた山田涼介さん主演の「もみ消して冬」の第1話感想と第2話あらすじにフォーカスを当ててみます。

Sponsored Link

もみ消して冬 第1話感想

このドラマ「もみ消して冬」は山田涼介さん演じる主人公の北沢秀作(警察官なんですね~)、波留さん演じる知晶(お姉さんで弁護士です、リアルだと弁護士が増えすぎて中々仕事が…何て話も聞きますけどどうなんでしょうね)、小澤征悦さん演じる博文(お兄さんでお医者さんです)、そして中村梅雀さん演じる泰蔵(私立中学の学園長を務めるお父様)らの華麗なる一族のお話なんですよね。

第1話ではそんな泰蔵がハニートラップにかかってしまいます。家柄が家柄なだけに世間にしれればかなりヤヴァイ!知晶や博文は倫理に劣る手段を用いてでも…どうにかしそうですが、秀作は説得によって事態を収拾しようとするみたいです。

コメディー作品という事なので、トンデモな説得方法とか出てくるんでしょうかね!?

いや~出だしから中々に笑えましたね~!山田涼介さん、コミカルな演技もいけますね!表情が豊かで素晴らしかったですw唐突なシャワーシーンという名のサービスカットにはウハっと思わず思ってしまいましたwベッドの下で必死呼吸・気配を消そうとしている姿も良かったですね~。

それにしても…千葉雄大さんとのセットは可愛さが強調されますね~。故にちょっと秀作の立場に心が痛みますが><兄弟とか親の振る舞いのせいで秀作にしわ寄せが着てしまっているのが…。

そう言えば、次回からどうなるのか分かりませんが、秀作は心の声が結構多めでしたね。ゲーマーとしてはFF8のスコールを思い出しました。性格面はまるで違いますがね。

ところで皆さんは「打ち上げ花火、下から見るか 横から見るか」ってご覧になりました?あれが切っ掛けなのか最近、米津玄師さんの名前をよく見かけるんですよね(私はあれが切っ掛けでした)。今回の立てこもり犯…結構似てましたよね?w見ていて思わず「お?」ってなってました。ネット上でも指摘する声が沢山でしたね~。

一見シリアスに思えるこの「もみ消して冬」、予想以上のギャグ路線に個人的には結構満足ですw

もみ消して冬

もみ消して冬 第2話あらすじ

父親である泰蔵の失態をどうにかカバーできた秀作ですが…今度は兄の博文がやらかしてしまいますw己の昇進の為に院長の飼い犬を手なずけようとしたものの失敗した挙句逃がしてしまうという大失態です。しかも期間内に見つけないとクビ!!

その打開策として知晶は偽物を用意してやり過ごそうという無理難題な作戦を考えます(この兄弟…頭が良いのか悪いのか…)。勿論秀作はそんな案には乗りません、では秀作はどんな手段を講じるんでしょうか!?

Sponsored Link

もみ消して冬 ツイート画像のロケ地やPVのクラシック曲について

皆さんは「もみ消して冬」のトレーラー?PV?をご覧になりましたか?あそこでクラシックが流れているんですよね~。何て言う曲か分からなかったので調べてみたら「Paganini パガニーニ / ヴァイオリン協奏曲」という曲だそうです。凄く浅はかな考えですがクラシックってシャレオツで良いですよね~。

クラシックと言えば、高校時代の音楽の授業で寝てても良いからひたすらクラシックを大きなスピーカーで聞くって奴があったんですよね~。リラックス出来る良い授業でしたw

そう言えば最近私は今冬ドラマの目撃情報等を調べているのですが、前期に比べて大分目撃情報が控えめな気がしますね。もしかしたら外でのロケが少なく、ハウススタジオ等での撮影が多いとか…なのかもしれませんね。

「もみ消して冬」もまた中々目撃情報が見当たりません、が…公式でツイートされていた画像の場所(豪邸)に関しては「旧朝吹邸」ではないかと思われている様です。

具体的な住所は

東京都港区高輪3-19-1

ですね。いつかこんな豪邸に住んでみたいものですね~。

という訳で今回は「もみ消して冬」の第1話感想と第2話あらすじに関してお届けしました。

-よしなしごと