よしなしごと

final cut 2話感想と3話あらすじ…ロケ地は何処?

どうもゼキュウです。

亀といわれたら皆さんだは誰を思い浮かべるでしょうか?

初代相棒の寺脇康文さんとかジャニーズの亀梨和也さんと亀田三兄弟とか…あるいは亀仙人なんてパターンもあるかもしれませんね。

私は…2番目かなぁ。

という訳で今回はそんな亀梨和也さんが主演を務めているドラマ「final cut」の第2話感想と第3話あらすじにフォーカスを当ててみます。

Sponsored Link

final cut 第2話感想…今宵のターゲットは水野美紀

このドラマ「final cut」はテレビ番組「ザ・プレミアムテレビ」のせいで無実の罪をきせられ遂には自ら天に旅立ってしまった裕木奈江さん演じる母親の恭子の復讐へ身を投じていく亀梨和也さん演じる警察官・中村慶介が主人公な訳ですけれども…。

その番組で現在ディレクターを務めている水野美紀さん演じる真崎が今回慶介が制裁する相手になります。

母親の件があった当時もえげつない方法で慶介を傷つけた真崎ですが、そのバチがあたったのかその身勝手な取材方法により事件の容疑者を逃亡させてしまうという大失態をやらかします(ざまぁ!)

その辺り含めた制裁になりそうですね。

…水野美紀さん演技力も相まって怖かったですねぇ…相手を貶める為に言動を誘導する辺り本当に怖い。回想シーンの恭子と慶介の可哀そう加減はもう見ていてつらくなります><

それにしてもマスコミは恐ろしいですね。肝心なところは流さず、ワードとワードを編集によってつなげて真実を闇に隠して体よくストーリーを作り上げる…そしてそれが真実であるかのように世の中に伝える…それを視聴者は真実として受け取ってしまうという。

現実的にも十分起こりうる問題なだけに我々もワイドショーとかネットの情報とかをうのみにせずに自分で考える力を持たないといけないなぁと感じました。

そんな奴に対する「これがあなたのfinal cutです」は痺れますね!

final cut

final cut 第3話あらすじ

慶介は母親の件で敵だった奴の弱点を逆手にとって配下のようにしている訳ですけれども…制裁だけでなくそうしている真の目的は一体何なんでしょうね~。

そしてそうまでしても何故「ザプレミアムワイド」が母親を犯人に仕立て上げていたのかに関しては情報を得られませんでした…。真崎もその事に関してはあくまでも番組の方針としてしか知らされていなかったようです。

そしてその番組でADをやっていたのが林遣都さん演じる小池です。第3話ではその小池周りで事件が起きそうですよ!そして雪子にも…!

Sponsored Link

final cut 初回放送視聴率とロケ地について

「final cut」は火曜日9時放送のフジテレビ系列のドラマな訳なんですけれども…この枠って関テレこと関西テレビが制作したドラマを放送しているらしいですね。私も最近知りましたw言われてみれば「嘘の戦争」とか「CRISIS」とかそうでしたね。

個人的には結構当たりのドラマが多いイメージの関西テレビ作品なのですが…「final cut」の初回視聴率は7.2%と苦しい数値になってしまった様です。関西の方に限れば数値は回復するみたいなんですけどね~。亀梨和也さん含めて素晴らしいキャストだと思うので是非とも巻き返して欲しいところです。

さてそんな「final cut」ですが色々ロケ地は判明してきているみたいですね。中でも気になるのは慶介がいるマンションでしょう。

あのマンション、東京都は中央区銀座1丁目にある奥野ビルと言う所の様です。…流石にオシャレな所にありますね。

また母親の件の際に怪しまれていた男の家族である、栗山千明さん演じる小河原雪子(慶介から見ればある意味敵という事になるだろうか)が勤めている光の森美術館は上野にある東京国立博物館だそうです。私も学生時分に何度か足を運んだ事がありますね。

メインキャストのお二人に縁のある地ですから、きっとこれからも度々登場する事でしょう。果たして、今後はどんな場所が登場するのでしょうか。

という訳で今回は「final cut」の第2話感想と第3話あらすじに関してお届けしました。

-よしなしごと