よしなしごと

rena 大晦日の入場曲は和楽器バンドのあの曲!選曲理由は何?

2018/01/28

どうもゼキュウです。

皆さんは年末年始はどう過ごされましたか?私は基本コタツにミカンがテレビでしたw

テレビと言えば…最近は紅白歌合戦も視聴率的に結構厳しい状況が続いているみたいですね~。私も歌番組って以前より見なくなった気がします。お笑い系は結構みるんですけどね~。

そう言えば大晦日には格闘技等もやってましたよね。ライジンとか。

という訳で今回は2017年の12月31日のライジンにも出場されていた格闘家のRENAさんにフォーカスを当ててみます。

Sponsored Link

RENA 2017年大晦日のライジンでの入場曲は和楽器バンドのあの曲!

皆さんは格闘技を見に行った事はございますか?

私は仕事の関係でプロレスの試合を見に行った事があるんですけれども、生の迫力って凄いんですね~!!マットに叩きつけた時の衝撃がモロに伝わってきます。

最近では女性のお客さんとかお子さん連れの方とかも結構いらっしゃってるみたいで、意外でした。勝手なイメージですが、男!!って感じだと思っていたので。

入場曲をバックに選手が入場してくるシーンは格好良かったですね~。ファンの方であればきっとこの入場曲を聞いただけでその人の事をイメージ出来るんでしょうね~会場にいなかったとしても。私もシャアのテーマ流れたら3倍速になれそうな気がしますからね。

そんな入場曲についてなのですが、RENAさん2017年12月31日に開催されたRIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 Final ROUNDで今までと異なる曲を利用したんですよね。

その曲というのが和楽器バンドさんの「千本桜」なんです!RENAさんも和装で登場してました、かわいかっこよかったです!!

和楽器バンドさんは和太鼓や尺八等の和楽器とギターやドラムといった洋楽器を用いているロックバンドなんですけれどもその独特な雰囲気についつい引き込まれてしまいます。千本桜は和楽器バンドさんの中でも特に人気の高い曲ですね。

この千本桜ですが元々は黒うさPさんが作成(作詞・作曲・編曲して初音ミクに歌わせた)曲なんですけれども、初出は2011年でありながら未だにカラオケ等でもよく歌われている人気の高い曲なんです。ミュージカル化とかもされているんですよね~。

2015年には紅白歌合戦で小林幸子さんが歌われていました。そして2016年にはニコニコ動画で原曲が1000万回の再生を突破しているんです。ボーカロイドの曲としては3曲目なんですって。皆さんも是非原曲と和楽器バンドさんバージョンを聞いてみて下さい。

いや~それにしても一般人でも自分の作品をワールドワイドに公開する事が出来る様になったのは非常に素晴らし事ですよね。昔だったら作るのにもそれを周りに散布するのにも非常に労力やらお金やらが掛かっていましたから。

RENA

RENA 2017年大晦日以前の入場曲や選曲理由について

上記の様に先日のトーナメントでは「千本桜」を冒頭に使用したRENAさん、小耳にはさんだ情報によると大きなイベント故に入場曲を変更されたとか。

変更と言っても実は途中からは今まで使っていたエイジアエンジニアさんの「絶対負けない」を流したんですけれどもね。今回も歌ってらっしゃいました(^^)

何でも歌詞と曲調からこの曲を選ばれているとか。確かにノリの良い曲ですし毎回歌っての入場という所からもその歌詞への共感具合が伺えますね~。曲名の「絶対負けない」もまた試合をするRENAさんにピッタリです。

因みにエイジアエンジニアさんは2012年の赤坂ブリッツでのラストライブをもって活動を休止されています。

Sponsored Link

RENAさんのこと 格闘技を始めた切っ掛けや彼氏の存在について

先の大晦日のトーナメントでは浅倉カンナとの最終決戦が中々に衝撃的な展開になり負けてしまう…なんて事もありましたが、可愛さと強さを兼ね備えた姿が素晴らしいRENAさん。そもそも格闘技を始める切っ掛けとなったのは何なんでしょうか?

実はRENAさん4姉妹でして、しかもその末っ子なんです。その他の姉妹の方が割とヤンなキーでRENAさんもよくよくパシリにさせられていたりいじめられていたり…なんて事があったとか。その仕返しをしようと思ってショートボクシングを習い始めたらしいですね~。

そして可愛らしいとなれば気になるのは彼氏さんの存在ですよね。今のところそう言った噂や存在の影はインスタやブログにも登場していないみたいですね。ただ好きなタイプに関しては…

肉食系で自分よりも筋肉質な体つきをしている人。
それでいて笑顔がかわいい人。

と以前コメントされたとか。取り敢えず体育会系の方になりそうですね。

という訳で今回はRENAさんの事に関してお届けしました。

-よしなしごと