ガンダム

敢えて言おう!コレがガノタの言い放ちたいセリフ3選であると!

2017/02/07

喰らえ!必殺!○○○○○ッ!漫画やゲームやアニメ等ではお馴染みのセリフの1つですね。どうもゼキュウです。

この手の相手に言い放つ系のセリフは派手で良いんですけど中々私生活においては使う機会はないですよね。

私は職業柄そういう事が偶~に有りますが。

Sponsored Link

そこで今回は「敢えて言おう!コレがガノタの言い放ちたいセリフ3選であると!」をお送りします。

それでは早速第3位は…「俺がガンダムだ/俺たちがガンダムだ」です。

はい来ました、刹那・F・セイエイの名言基迷言と言えばコレですよね。

OO放送時はガノタやにわかを含めて迷言としてしばらくの間語り草になっていましたね。

思えばOOという作品自体が迷言の多いかもしれません。「抱きしめたいなガンダム!」とか「君の視線を釘付けにする!」とか「自分が乙女座に(ry」とか「俺はスペシャルで2000回で模擬戦(ry」」等々…。。

ただ…この刹那君のセリフはシャウト出来ればさぞかし気持ち良いでしょうね~。

さて続いて第2位は…同時入賞で「月光蝶である/シャイニングフィンガー」です。

やはり言い放ちたいと言えば“技”と“叫ぶ”です。このカテゴリーで御大将とドモンを外すなど出来ません。

ターンXの体を大の字に広げ背部から月光蝶を放ち堂々と「月光蝶である」と叫ぶその姿は御大将の武人としての潔さと太々しさと大胆不敵さを見事に演出しています。流石です

。もじった「絶好調である」等のファンサービスがバーサスシリーズで聞く事が出来るのも良いですね。

シャイニングフィンガーはガンダムの中で一番必殺技感が有りますよね。

Gガンダムという作品自体少年漫画気質な所が有るのでガノタではなくても少年漫画好きであればきっとしっくりくるはず!更に、御大将は御大将でシャイニングフィンガーが撃てるのも素晴らしい!

そして最後は1位…「敢えて言おう!カスであると…!!」です。

今回の記事のタイトルでももじらせてもらいましたが、ギレンと言えばコレ感が有りますよね。

「カス」と言うワードはネットの誹謗中傷や相手へつっかかる時等に使われる事が有るのであまり良いイメージが無いかもしれませんが、このギレンの様に真っ正面(ソーラ・レイは卑劣といえば卑劣ですが)から堂々と言い放つ姿にはそういった負の要素はあまり感じ無いですよね。

はい、という訳で「敢えて言おう!コレがガノタの言い放ちたいセリフ3選であると!」。

それでは、良いガノタライフを!

-ガンダム