よしなしごと

きみが心に棲みついた 第3話感想と第4話あらすじ…結末はどうなる?

どうもゼキュウです。

本日は、その罵詈雑言の度合いがすさまじい事でも注目されているドラマ「きみが心に棲みついた」の第3話感想と第4話あらすじフォーカスを当ててみます。

因みに前回のはこちらです。

きみが心に棲みついた 第2話感想と第3話あらすじ…批判殺到の原因は?

Sponsored Link

きみが心に棲みついた 第3話感想

第2話で(吉岡里帆さん演じる)今日子の(向井理さん演じる)星名への強い依存心の一端を垣間見た(桐谷健太さん演じる)吉崎ですけれども、今回は肌着の新作発表会の場でまたそれを目撃する事になりそうです。

星名の命じるままに行動する今日子…たとえそれが辛かったり恥ずかしい事だったりしてもやってしまいそうな彼女に吉崎はどのような行動にでるんでしょうね?

良い人そうだから、何とかしてあげたいという気持ちに押し負けて救いの手を差し伸べてしまいそうな気がします。ただ、星名に依存している以上その手を今日子がとるかは話は別ですけどね。さて…どうなることやら。

おぉ、今日も星名は絶好調でしたね。星名は勿論の事、今日子もたいがいですよね。あれだけひどい事をされたにも関わらず星名の事を好きでいる訳ですから。

今日子の心情は依存状態にない人や依存経験がない人には理解は難しいかもなぁと感じましたね~。星名へは強くいけないけど、上司にたてついたりはしているし…傍から見ると救ってあげよう、よりもカウンセラーを紹介しようという流れになりそうな気がします。

その点手を取ろうとする吉崎は本当にいい人なんだろうなぁ。厳しい面もあるけどちゃんとしている。

そしてウツ~な雰囲気からのムロツヨシさん…最高ですw

きみが心に棲みついた

きみが心に棲みついた 第4話あらすじ

すっかり星名の掌の上で踊らされている今日子…次のミッションに失敗するとメンバーから外さられてしまう、というピンチに陥ります。(卒業できるチャンスなのだがな)

一方で(ムロツヨシさん演じる)スズキとの会話の中で今日子への恋心が徐々に明らかになってきた吉崎…。

そんな吉崎の言葉に励まされつつ今日子は遂に審判の時を迎えます!果たしてどうなるのでしょうか!?

Sponsored Link

きみが心に棲みついた 最終回の結末はどうなる?原作との違いについて

既に結構ドロドロしてきた「きみが心に棲みついた」ですが…これは一体どんな結末を迎えるんでしょうかね?

このドラマは原作アリのドラマなのでひょっとしたらもう結論付けられているのかも?と思ったのですが、原作はまだ絶賛連載中で完結していませんでした。

ただ、ドラマは話数が決まっていますからどこか落としどころは見つけなければなりませんよね~。なのである意味原作とは違う結末にはなりそうですね。

先ずこのドラマでキーとなりそうなのは「今日子の星名への依存」ですよね。吉崎の事は勿論好いてはいるものの未だに星名への依存が強い、と。

そこから脱却したいと思えるようになるのか、ならないのか。なったとしても出来るのか出来ないのか。

そして「吉崎・星名からみた今日子」はどうなのかというのもポイントですよね。

まぁ吉崎は現状の今日子を見てどうにかしてあげたいという感情は持っていそうですね。それが今後好意に発展することも可能性としては十分ありそうです。

星名は…壮絶な過去があった為今みたいなクズ人間になってしまったみたいですが、今日子を手放すなんてことは1ミリも考えていないですよね。そのうち吉崎とバトルが起きそうな気がします。

そしてもう1つ「(石橋杏奈さん演じる)飯田からの星名への愛」も重要です。あの手の女性はこうヤンデレになりそうなんですよねぇ…。

ってな事を踏まえたうえで、今までに判別している情報から結末を予想してみると…。

今日子は吉崎とくっつくんじゃないかなぁ。さすがに依存したままエンドはないと思うんですよね。続編ありきでドラマ作っているなら話は別ですが。

ただその依存を卒業出来る要因としては今日子の頑張りは勿論のこと、星名の状況の変化というのもあるんじゃないかと。例えば…星名が飯田に刺されてそのまま…みたいな事とか。助かったとしてもこれまでの事をすべて忘れているとか。

過去があったとはいえ手のひらで女性を躍らせてきた訳ですからね~そのツケは回ってきそうな気がします。

という訳で今回は「きみが心に棲みついた」に関してお届けしました。

-よしなしごと