よしなしごと

BG 3話感想と4話あらすじ…木村拓哉の中指の輪ゴムの意味とは?

2018/02/08

どうもゼキュウです。

先日テレビを付けたらたまたまドラえもんがやっていました。

そういえば子供の頃ドラえもんを見ていた時に、等身大のプラモデルみたいな奴を組み立ててそれれに自分の体を守ってもらう、みたいな秘密道具があったなぁとふとその時思い出しました。まるでボディガードみたいな奴ですね。(最も善意や敵意の認識ができないから全て反撃してしまう…といった感じでしたがw)

という訳で今回はそんなボディガードのドラマ「BG-身辺警護人-」の第3話感想と第4話あらすじにフォーカスを当ててみます。

因みに前回のはこちらです。

BG 2話感想と3話あらすじ…空港やスタジアムのロケ地は何処?

Sponsored Link

BG-身辺警護人- 第3話感想

今回は西村雅彦さんが登場しますね~、芸能事務所社長の坂東光英という役なんですけれども。

そこの事務所の人気タレント(三吉彩花さん演じる)かのんちゃんの引退を撤回させるための現金一億円を警護するのが今回の(木村拓哉さん演じる)章達のミッションです。

なのですが…なんと実はこの1億円そんな名目ではなく、連れ去られてしまったかのんちゃんを助ける為の現金だったのです。警察には知らせたくない状況において章達はどういった行動をとるんでしょうね~。楽しみです。

まさかこの事件がはじめは狂言で後に本当の事になってしまうとはね~。まぁ怪しそうな男だったもんなぁ。かのんちゃん世間を知らなすぎでしょう!社長が目にかけるのも分かるなw(社長の棒演技は流石の西村雅彦さんでしたね~、最後もいい人だったぁ)。

そして今回もアクションシーンはハラハラドキドキでしたね~!橋の上のね!まったくまた身を危険にさらしちゃってもう…。でも高所恐怖症だって言ってるだろう~~のシーンは笑ってしまったw

今回の事件を経て(斎藤工さん演じる)高梨との息もあってきたかなぁと思ったけれどまだ溝は深そうですね。スタンドプレーの事も突っ込んでましたし。章の過去にその溝は関係がありそうでしたが気になりますね~。

BG身辺警護人

BG-身辺警護人- 第4話あらすじ

第4話では再び(石田ゆり子さん演じる)愛子の警備をする事になる章達ですが…今回は前回とは異なりSPに内密にしたいという条件がプラスされます。なので時間制限まで発生する高難易度のミッションに…。

愛子は外出の理由に対立派閥との会談としていましたがどうやらそれは建前の様です。一体愛子の目的は何なんでしょうね。

予告動画では愛子の過去に関係がありそうでしたね。そして(江口洋介さん演じる)落合は何かしらを知っていそうでした。

何はともあれ要人警護でありながらSPをいわばのけものにしてミッションを行っている訳なので章達と落合達は緊迫した状況になりそうです。

Sponsored Link

BG-身辺警護人- 木村拓哉が中指にしていた輪ゴムの意味とは?

木村拓哉さんのアクションシーンも大変魅力的な「BG-身辺警護人-」ですけれども、第2話も視聴率は15.1%と好調です!初回から若干のポイントダウンはあったもののともに15%を上回っているとは素晴らしいですね。

そんな「BG-身辺警護人-」において木村拓哉さん・章が中指にしていた輪ゴムには一体どんな意味があるのか、というのがネット上では話題になっている様です。

確かに私も気になってました。そして調べてみたのですが、2つ程有力な説がありました。

1つは輪ゴムを使ってマイクを固定していたという説ですね。BGのメンバーは密に連絡を取っていますから確かにその可能性はありますね。

そしてもう1つは仲間かどうかを見分ける為に用いているという説です。

基本的にいつも同じ格好をしている方達ですからね、こういったところをポイントに仲間なのかどうかを判別するという訳ですね。SPもこの手の方法を元々用いていたそうな。

どちらか断定するのは難しそうですが次の放送で輪ゴムがなくなっていたら…判別につかっていたという事になりそうですね。判別方法は毎回変えるでしょうから。

という訳で今回は「BG-身辺警護人-」に関してお届けしました。

20180208追記
1つ目の理由で正解とのコメントをいただきました!

-よしなしごと