よしなしごと

海月姫 第4話感想と第5話あらすじ…瀬戸康史の衣装が気になる!

どうもゼキュウです。

言葉が本来のそれとは異なる意味で伝わる事って稀によくありますよね~。例えば…オタ用語の腐女子とか。

あれは男性同士のカップリングやらBLとかの作品を好む女性の方等に使われていた用語ですけれども…最近では単にオタクな女性をそう呼ぶこともあるらしいですね。

そんな腐女子というワードを良くも悪くも広めた作品の1つが「海月姫」なんだとか。

という訳で今回は「海月姫」の第4話感想と第5話あらすじにフォーカスを当ててみます。

因みに前回のはこちらです。

海月姫 3話感想と4話あらすじ…動画配信はどこでやってる?

Sponsored Link

海月姫 第4話感想

…放送前…第3話の終盤で遂に男性である事がバレそうになってしまった(瀬戸康史さん演じる)蔵之介でしたが機転を利かせた?ウソでどうにかピンチを切り抜けます。

女性として生まれたものの家の方針で男として育てられたとか傍から見ればすぐに見破られそうな内容ですがw

しかしまたしてもピンチがやってきます。

(本人達はそういう店だとは知らなかったみたいですが)バタフライというクラブにいる蔵之介にタダ飯もらおうと「尼~ず」が会いに来たものの…蔵之介の知人の(最上もがさん演じる)桐山琴音にさんざんバカにされてしまうんです。

そのせいで蔵之介の評判はがた落ちです。蔵之介は今後どうするんでしょうか。

…放送後…

今回の名セリフは「オシャレは強く生きるための武器」で決まりですね!

確かにそうかもしれない…。目に見えて分かりやすいものって身に着けているだけで自信が湧き出てくる感じしますもんね。実際問題。

オシャレとは違うかもしれないですが、面接とかオーディションとかで人を見る側の方のお話を聞いた時に靴と鞄はちゃんとしたの持っとけなんて言われた事がありますな~。文字通り足元を見られてしまうとかなんとか。

クラゲのドレスも本当に綺麗でした~。なんなら蔵之介というか蔵子バージョンで全部のドレスを見たいくらいでしたね!

ドレスといえば…生地屋がオカダヤorユザワヤで原作と違っていたらしいですね。私も衣装作る時とか生地探しにお店行きますけど、2社とも色々そろっていて本当に便利で助かってます。この手の話し見ているとまた作りたくなってくるなぁ~。

海月姫

海月姫 第5話あらすじ

今回のドレスは中々に評判でしたが、天水館を取り巻く環境は中々厳しい状況が続いています。蔵之介の父親も天水地区再開発賛成派にまわるとか…。

そこで蔵之介と尼~ずが次にとる作戦が蔵之介の父親の誕生日に販売用のドレスを携えてファッションショーを行うというものです。

評判が良かったとは言え販売用のドレスを製作するだけの自力がある訳ではないので(安達祐実さん演じる)ノムさん等からの協力を得てドレス製作を始める尼~ず…果たしてファッションショーはうまくいくのでしょうか!?

Sponsored Link

海月姫 瀬戸康史の衣装が気になる!コート等のブランドは?

第3話にして視聴率は5.9%と遂に5%代に突入してしまった「海月姫」このまま下がり続けて4%とかになってしまうと…セシルさんの時の様な最終話に行かないで打ち切られちゃうなんて事もあるかもしれません、ならないといいのですが。

さて「海月姫」といえば女性より女性らしい瀬戸康史さんの可愛さも魅力の1つです。スタイルも良いですしね~、目覚めちゃう人もいるかも!?

瀬戸康史さんが身に着けていた衣装…私は特にあの赤いコートが印象的ですね。公式HPのヘッダーにもその衣装を着た瀬戸康史さんが写っていますけれども。

このコート「UN3D./アンスリード」のオリガミカラーウールコートというアイテムの様です。鮮やかな赤色そして襟元と背中の特徴的な形がなんとも素晴らしいですよね~。

お値段は流石にコートという事もあり4~5万円ほどでしたが…私の見たサイトではすでに品切れでした。因みに、カラーバリエーションはレッドとブラックの2パターンありました。

そしてもう1つ…。

上述した男だとバレそうになった時のシーンで着ていたセーターも中々派手で印象的でしたよね。

こちらは「Anna October 」のタートルネック セーター というアイテムの様です。腕の部分が左右で違う柄というか模様になっているのが良いですよね。人は選ぶかもしれませんが。

しかしながら残念な事にこちらのアイテムも見た時には既に売り切れでした…。

という訳で今回は「海月姫」に関してお届けしました。

-よしなしごと