よしなしごと

アンナチュラル 5話感想と6話あらすじ…中堂・井浦新の夢小説って?

どうもゼキュウです。先日家の物置を整理していたら、メカゴジラの人形が出てきました(初期のですがw)…昔はよくこれで遊んでいたなぁと懐かしい気分になりました。

ゴジラ…ゴッズィーラ…石原さとみさん…

という訳で今回は「アンナチュラル」の第5話感想と第6話あらすじにフォーカスを当ててみます。

因みに前回のはこちらです

アンナチュラル 3話感想と第4話あらすじ…主題歌の配信日はいつ?

Sponsored Link

アンナチュラル 第5話感想

…放送前…

第4話でまさかの(飯尾和樹さん演じる)坂本が離脱した事により、取り敢えず(井浦新さん演じる)中堂を(石原さとみさん演じる)ミコトのチームのサポート役に回したUDI。

そんなUDIに寄せられた次なる依頼は…

とある事件において妻が自らアレしてしまった夫・(泉澤祐希さん演じる)鈴木巧が事件の真相を解明してもらうべくやってきます。

ただここで1つ問題が!妻が自らアレしたなんて到底信じられない鈴木は妻のソレをセレモニーの会場から無断で盗んできてしまったのです!!

状況を知らなかったとは言え中々にヤヴァイ奴を解剖してしまったミコト…果たして大丈夫なんでしょうか。そして、そこまでしてまでも依頼を持ってきた鈴木は本当に妻の事だけが目的なんでしょうか…。

…放送後…

いやはやいやはや今回は劇場版コナンと時間がドンかぶりでしたね~。どっちをリアルタイムで見るか悩む声がネット上では見受けられましたw私は取り敢えずコナンを録画対応しました!

さて今回は中堂の表情が豊かでしたね~。ミコトにガツンと言われて「強力を要請する」とどもりながら言っていた辺り、何とも可愛らしかったですw

ツンデレツンデレとネット上で言われておりましたが…最早ツンデレはキャラの2面性を現す言葉として定着しすぎてしまったのかなぁ~元々は最初はツンツンそして時間経過とか紆余曲折があって徐々に出れていくという意味だった気がするけれど、何て事を想像してしまうのはオタのサガですなぁ。

ただ中堂は(市川実日子)東海林夕子さんには優しいですよね~(酔って号泣していた東海林は可愛かったなぁ)。大丈夫か?ってセリフは非常にそう感じました。これはひょっとしたらひょっとするのかしら…。

事件の方は最後大どんでん返しがあって物凄く複雑な気分になりましたね。上記の様なニタニタポイントがある反面この手の場面が出てくるからリアリティあるんですよね、だからこそ面白いんだこの作品は。それにしても…鈴木さんや…。

まぁミコトが事なきを得れたのは良かったですけれどもね。

アンナチュラル

アンナチュラル 第6話あらすじ

さて次週は東海林にあらぬ容疑がかけられてしまいます。

なんと起きたらそこはとあるホテルのベッドの上でそしてその傍らには男が!!…その男というのは昨晩にパーティーで一緒だった奴なんですがでも既に命が…なんですよ。

しかし大人の飲み物のパワーなのか東海林はパーティー後の意識が飛んでしまっているんです。結果、ミコトに助けを求めるのですが…。

ミコトは無事に東海林を救えるんでしょうか!?

Sponsored Link

アンナチュラル 井浦新さん演じる中堂の夢小説って何?

さて先週の第4話の視聴率は11.4%と前回から0.8ポイントアップし初回から10%の大台以上をキープしている「アンナチュラル」、主演の石原さとみさんや記録係という割と一般人よりの久部を演じる窪田正孝さんらも魅力的ですが、法廷バトル回の中堂に惚れ込んだ方も少なくないんじゃないでしょうか。ちょっとガラ悪い感じはありましたがねw

私も中堂は不器用な所はあるけどそれも含めて格好良い男だと思います。今出てきている情報だと恋人をアレした容疑で逮捕されておきながら不起訴になったとか脅迫状が届いたりだとか色々怪しい点はありますが…寧ろ真犯人に関しての重要な真実をつかんでしまい圧力で消されそうになっている、てな印象を私は受けましたね。そして今虎視眈々と中堂は復讐の機会を覗っている…みたいな。

さてそんな中堂の事を調べていると「夢小説」なんてワードをよく目にするんですよね~。作中で小説なんて書いてたっけか?なんて思ってよく見てみると…どうやら有志の方による2次創作的な小説の様です。サイト等で公開されていました。

アニメとかゲームとかマンガとかってよくよく薄い本が自主出版されたりしますけどまぁあれと似たような物って事でしょうね。本編てどうしても自分の押しキャラがサブキャラだったりくっついて欲しいカップリングじゃなかったりする事ってあると思いますが…この手の2次創作は自分の妄想のままに物語が作れますし同じ願望を持つ方とソレを共有する事が可能ですから人気高いんですよね。

皆さんも書いて見たり、読んでみたりされてはいかがでしょうか。

という訳で今回は「アンナチュラル」に関してお届けしました。

-よしなしごと