ガンダム

ガノタ流!好きな(男性)キャラクターで分かりそうな性格診断

2017/02/07

私はたっちゃん派です。

その昔に知人の誰かが言っていました。どうもゼキュウです。

皆さまご存じ「タッチ」は未だに多くの人々の心の中に響いている作品の1つだと思います。

カラオケに行った際にはOPを歌う方も結構いらっしゃいますよね(私はスポーツ系作品は殆ど見ないので詳しい内容は良く分からないですが)。

Sponsored Link

さて、アニメやマンガないしはドラマには魅力的なキャラクタ―達が数多く存在します。

そして皆さんの心の中にはマイフェイバレットキャラが1人や2人きっと居る事でしょう。

好きなキャラクターにはそんな風になったら良いのになぁという願望が現れているもの…今回はそんなキャラクター達に関するお話です。

題して「ガノタ流!好きな(男性)キャラクターで分かりそうな性格診断」をお送りします。

と言ってもガンダムシリーズのキャラクター達は相当数存在するので、今回は色々な意味で分かりやすいキャラを5人ピックアップしました。

それはこちら「シロー・アマダ」「コウ・ウラキ」「パプテマス・シロッコ」「シン・アスカ」「ギム・ギンガナム」です。それでは早速いきましょう。

先ずは「シロー・アマダ」です。

シローの特徴といえばやはりアイナに対する純粋な熱い想いでしょう。

ジオンと連邦という敵対する勢力でありながら時には助け合い最後には物理的に色々失いながらも、兄、ジオン、連邦の呪縛から逃れる事が出来た2人、それを可能にした行動力こそ“想い”です。

そんなシローを選んだ貴方は対象が恋人なのか仕事なのかは分かりませんが、ピュアで熱く真っ直ぐな感情をぶつけたいと思っています。

がいざとなると中々行動に表せない、恥ずかしさや失敗した時の恐怖が先行してしまいます。私も結構尻込みをしてしまうタイプです。

…自分からどうこう出来ない時は無理やりにでも行動を起こさなければならない様な状態にしてみるというのも1つの選択肢かもしれません。荒療治ですが。

続いて「コウ・ウラキ」です。

ニンジンが嫌いだったり、敵であるガトーに対して圧倒されたりと初めはヒコっ子だったコウですが終盤にはずいぶんと成長しました。

ただ、それでも尚ニナ周り(ニナサイドにも問題有りですが)の優柔不断さというか弱さを拭い切れませんでしたね。

そんなコウを選んだ貴方は、結構キッパリとサッと物事の決断が出来てしまう人、時にじっくりと悩んでみたい迷ってみたいそんな風に思っていませんか?

私はファミレスとか行くとメニュー決めるのに大分悩んでしまい周りによく急かされます。どちらも良し悪しですね。

次は「パプテマス・シロッコ」です。

木星帰りのニュータイプで天才なシロッコ、容姿も端麗で正に非の打ち所がないと言えるかもしれません。

作中ではキュベレイのファンネルを撃ち落としたりと高いニュータイプ能力を示していました。カミーユさえいなければその高いカリスマ性で地球圏を統一した事でしょう。

そんなシロッコを選んだ貴方はあまり俯瞰で物事を見たり、1歩退いた第3者の目から見ると言う事が得意では無いかもしれません。

ついつい熱くなって目の前の事にのめり込んでしまう事がしばしば有りそうです。全体の流れがしっかりと頭の中にインプットされていれば変わってくるかもしれません。

そして「シン・アスカ」です。

以前記事でボロボロに言いましたが、そんな彼にも良い所はきっと有る…はず、かもしれません。ですがやはり自己中というデメリットを消し去る事は出来ません。

そんなシンを選んだ貴方は普段から人に合わせられる、気が付ける…そんな人ではないでしょうか。

もう少しシンの様に図々しくなってみるのもたまには良いかもしれません。

最後は御大将「ギム・ギンガナム」です。

その太々しさ、大胆不敵さ、俺様感が特徴的なギム…そんなギムを選んだ貴方はあまり自分を解放する、さらけ出す事が出来ないそんな方ではないでしょうか。

1回解放してみたら変わるのかもしれないですけど、あまり仲良くない状態だとアレですしかと言って仲良くなっていたらなっていたでそんな人だと思ってなかった…てな展開も有り得ます。

タイミングが大事ですがロストを覚悟で一度さらけ出してみるというのも有りかもしれません。

という訳で独断と偏見でお送りしてきました!それでは、良いガノタライフを!

-ガンダム