よしなしごと

BG 7話感想と8話あらすじ…SP毛利のキャストについて

どうもゼキュウです。最近は携帯電話の普及によって腕時計等をする人が少なくなっているなんて話を随分前に聞いた事があります。確かにスマホを見れば瞬時に時間は知れますからね~。

でもカッコイイ腕時計をしていると、その人までかっこよく見えてきたりしますよね。

という訳で今回は腕時計もカッコイイ!「BG-身辺警護人-」の第7話感想と第8話あらすじにフォーカスを当ててみます。

因みに前回のはこちらです。

BG身辺警護人 6話感想と7話あらすじ…つまらない派の意見とは?

Sponsored Link

BG-身辺警護人-…銃声の標的は誰?

…放送前…

今度の日ノ出警備保障の任務は(木村拓哉さん演じる)章の元嫁、(山口智子さん演じる)仁美の警護です。

最初は担当を渋っていた章ですが(斎藤工さん演じる)高梨に発破をかけられ結局担当することに。

そんな二人がレストランで食事をとっていると毎度おなじみの(石田ゆり子さん演じる)愛子がやってきます。…それだけだった良かったのですが、店内で突然銃声が!!

予告動画では誰が狙われたのか分かりませんでしたが…ひょっとしたら3人のうちの誰かがやられてしまうのかも!?一体どうなるんでしょうね。

…放送後…

誤差なし!…今日の(上川隆也さん演じる)村田課長は特にカッコヨカッタですね~。勘も鋭いし、気配りもできる…いい人だなぁ~。そしてお仕事モードになった時に切り替わる雰囲気がまたしびれますね。最後のシーンも流石でした。負傷した時等のシーンって難しいんですよね…。

しっかし愛子は意図的に章をつけているとしか思えない遭遇率ですよねwドラマだから詮方ないけども。そして微妙な三角関係…w最後の愛子はちょっと寂しそうでしたね~。何かにつけて章のところに意図的に来ていたとしても不思議ではないですね。

しかし…衝撃的な別れってそういう意味だったのかよ…。マジか…。銃声は仁美でも章でも多分ないだろうと思っていたけど、マジか…。

BG身辺警護人

BG-身辺警護人- 8話あらすじ

 

ボディガードとしての使命を全うしたにも関わらず事実は捻じ曲げられ…出しゃばって勝手に打たれたとされてしまった、村田の汚名をどうにか払拭したい章達ですが…当事者達も警察も自分達の身可愛さに協力してくれません…。

そして日ノ出警備保障内でも不穏な空気が流れる中、愛子と(江口洋介さん演じる)落合が章達の元へやってきます。

真実を語りもしなかった彼奴らが今更何の用でやってきたのでしょうか!?

Sponsored Link

BG-身辺警護人- 4話で登場したSP毛利のキャスト、森田甘路について

十数年ぶりの山口智子さんと木村拓哉さんの共演という事でも話題を呼んでいる「BG-身辺警護人-」の第7話ですけれども、3話において13%代に落ちてしまった視聴率も徐々に巻き返し前回は14.8%まできました。これは今回で15%以上行くかもしれませんね。

そんな「BG-身辺警護人-」で愛子の娘が結婚する、という話の回(第4話)でSPの毛利のキャストだったのが俳優の森田甘路さんです。いつもの森田さんとはまた違ったキャラクターでいい味出してらっしゃいましたよね。

個人的にはちょっと一癖二癖ある役が多いかな~?なんてイメージのある森田さんですが、「モテキ/私 結婚できないんじゃなくて、しないんです/突然ですが、明日結婚します/僕たちがやりました…」等など色々な作品に出演してらっしゃるんですよね。先日はドラマではなく人気バラエティ番組「プレバト」でお見かけしました。

生年月日が1986年6月12日という事で現在31歳の森田さん、私完全に同世代なんですよね。身長も175cmと一緒!なんだか親近感がわいちゃいます。これからもより注目していきたい俳優さんですね。

因みに事務所は生瀬勝久さんや藤木直人さん、古田新太さんらも籍を置くキューブです。

という訳で今回は「BG-身辺警護人-」に関してお届けしました。

-よしなしごと