ガンダム

ジオングにサイコ…頭部にコックピットがあるメリット&デメリット

2017/02/08

テレポ!デジョン!ルーラ!が欲しいです。どうもゼキュウです。

もう少し寝ていたいけどそうすると遅刻してしまう…、仕事で疲れたから帰るのが面倒臭い…なんて時は魔法が欲しくなりますよね。

家のセーブポイントまでテレポしたいわ~と私もいつも思います。

少なくともごちゃごちゃした屋内から脱出する魔法位は欲しいですね。

Sponsored Link

さて、そんな脱出と言えばあのファーストガンダムのアムロはア・バオア・クーから脱出する際にガンダムのコアファイターを使いました。

この様にガンダムシリーズには脱出機能を持ったMSがそれなりに存在します。

ジオン脅威のメカニズムのマゼラアタックはマゼラトップが分離可能ですし、デンドロビウムやVガンダム等も…まぁそうですよね。

飛行形体の物や単純に脱出ポットとしての物も有ります。異彩を放つのがジオングやサイコガンダムMK-IIの様に頭部がコックピット(ジオングは胴体にも有りますが)兼脱出ポットになっているタイプの物です。

そこで今回は「ジオングにサイコ…頭部にコックピットがあるメリット&デメリット」を考えます。

先ずはデメリットからです。

MSのメインカメラは基本的には頭部に付いているので戦っている間は視界確保の為に頭部を晒し続けなければなりません。

晒されているという事はそれだけ被弾しやすい訳です。胴体であればまだシールド等でも防ぎ易いですが…。

また、コンピューターの処理的な問題でコックピットは中央に有った方が便利と言う様な事もあるやもしれません。

加えて、キラの様なご都合主義パイロットは頭部だけ破壊してくるので天敵です。

続いてメリットです。

まぁ、キラの様なパイロットは稀で大体はコックピットが有るであろう胴体を狙ってきますのでブラフにする事が可能です。

また、胴体をやられたとしても頭部を脱出ポット兼コックピットとする事でパイロットの生存率を高める事も可能になるでしょう。

更にそうした場合、ジオングの様にメガ粒子砲を積む等して武装面の強化も計れます。

ただ、MSやMAの頭部など機体によって全然違います。それを脱出ポットにするのは非常に生産性が悪そうです。

普通の脱出ポットを胴体に組み込むのであれば同一規格で色々なMSに適応出来そうですしね。

ってな事を考えるとやはりデメリットの方が強い気がしますね。

という訳で今回は「ジオングにサイコ…頭部にコックピットがあるメリット&デメリット」をお送りしました。

それでは、良いガノタライフを!

-ガンダム