よしなしごと

シグナル 2話感想&3話あらすじに視聴率…原作本・小説の結末は?

2018/04/24

爪切りをしくじって深爪になってしまいました…。

どうもゼキュウです。地味に痛いです。

さて今回は「シグナル長期未解決事件捜査班」の第2話感想と第3話あらすじにフォーカスを当ててみます。

因みに前回のはこちら

シグナル(ドラマ) 1話感想と2話あらすじ…韓国・アメリカ版との違い

Sponsored Link

シグナル長期未解決事件捜査班 2話あらすじ&感想…予告動画のセリフが気になる!

…放送前…

未解決事件の真犯人として(長谷川京子さん演じる)吉本圭子を捕まえる事に成功した(坂口健太郎さん演じる)健人達ですが、中々圭子は口を割りません。

もうすぐ時効が成立してしまう訳ですが、証拠を見つける事は出来るのでしょうか。

事件がどう解決するのかはまだ不明ですが、その後日本では時効撤廃が確定し長期未解決の事件を担当する為の部署、長期未解決事件捜査班が発足されます。班長は(吉瀬美智子さん演じる)美咲そして(木村祐一さん演じる)刑事の山田と(池田鉄洋さん演じる)鑑識の小島もメンバーとして招集されました。

さらに8年後、プロファイラーとしてアメリカで修行を積んだ健人もメンバーに加わる事に。そして新たな未解決事件へのメスが入るのです。一体どうなってしまうのか!?

予告動画の(北村一輝さん演じる)大山の「過去は変えられる」というセリフが非常に気になるところですね。

…放送後…

今度韓国版も見てみようかな~とか思えてきますね。それだけ面白い!あっち見ている人はあっちの方が面白いって言っている人が多い気がするけど…だったら尚更こっちが先でよかったw

圭子の件はちょっちムリがあるんじゃないか?とも思ったけれどまぁそこは流すとして…メイクなのかなんだか長谷川京子さんの唇が1話から際立っていて気になっちゃいましたね。

それにしても…以前伏線が多くて色々気になる事が多い!大山が誰から逃げているのかとか、通信の最後の銃声とか、生きているのか(もしそうでないならタイムリープしているのか)とか。

謎が謎を呼ぶ…一体この後どうなるんだ。

ただ「過去を変えられる」というのは現在の資料を基に過去の大山と通話する事で事件の内容が変えられるという事の様ですね。

シグナル

シグナル長期未解決事件捜査班 3話あらすじ

長期未解決事件捜査班に配属された健人は今まさに再捜査が始まった事件が発生した時代と例の無線機でつながりました。

そして現代の情報を通信先の大山に伝えたことで現代で被害者となっている人への犯行が未遂になったりと過去が変わり、そして現代の事件に内容も変わるという事態になりました。ただそれに気付いているのは健人だけの様です。

そんな最中、重大な過失をしてしまった大山。(佐久間由依さん演じる)北野みどりに励まされる大山ですが…再び犯人は動きだします。

Sponsored Link

シグナル長期未解決事件捜査班 視聴率&原作本・小説の結末

ホラー要素も兼ね備えたこの「シグナル長期未解決事件捜査班」、その一筋縄では終わらないストーリーに私も思わず魅入ってしまいました。ネット上でも結構評判よさげですね。まぁリメイクという事なので元々話題性が高かったのもあるんでしょうけれど。

坂口健太郎さんのちょっと舌足らずな喋り方は個人的に好きだし今回のドラマともマッチングしていると思うのですが、中には気になってしまう方もいらっしゃたみたいですね~。

視聴率も9.7%と惜しくも2桁には届きませんでしたが、まずまずの調子!

さて前回の記事でこのドラマの原作についての話をしたのですが…実は同じ名前の小説も存在しています。関口尚さん作の「シグナル」という小説があるんです。「シグナル~月曜日のルカ~」という映画の原作となった作品です。

小説と映画ではちょいちょい設定など違いはありますがどちらも割と高評価!感想とかレビューを書いているサイトをいくつか拝見しましたが皆さん楽しんでらっしゃる様子。

ドラマとは全くの別物で一応恋愛モノなのですが、最後くっつかずにそれぞれの道を行く結末のシーンはやっぱりウルウルきますよね。もしまだ見てない方は良かったらチェックしてみて下さい。

という訳で今回は「シグナル長期未解決事件捜査班」に関してお届けしました。

-よしなしごと