よしなしごと

ブラックペアン 1話感想と2話あらすじ…意味や原作との違いについて

どうもゼキュウです。

医者モノと言われると“ブラックジャック”が真っ先に浮かびます。やはり不朽の名作ですからね~!

さて今回は医者モノそしてブラックつながりで「ブラックペアン」の第1話感想と第2話あらすじにフォーカスを当ててみます。

Sponsored Link

ブラックペアン 1話あらすじ&感想…プレミアム試写会の反応は?

…放送前…

日本外科学会理事長選を控えた高難易度な手術に挑む(内野聖陽さん演じる)佐伯教授。東城大学医学部付属病院では“神の手”と言われるほどの男…ですが手術中に担当していた他の患者の具合が悪化してしまいます。

他の医師達は対応しようとしますが、なす術がありません。そんなピンチに颯爽と登場したのが(二宮和也さん演じる)渡海征司郎!“オペ室の悪魔”という異名を持つ渡海征司郎…このピンチを打開する事が出来るのでしょうか!?

そして一方では東城病院に帝華大学の(市川猿之助さん演じる)西崎啓介教授から差し向けられた刺客、(小泉孝太郎さん演じる)高階権太が暗躍しようとしています。

果たして一体どうなってしまうのか!?

以前行われたプレミアム試写会、私はいけていませんが特典んとして黄色い手袋とかクリアファイルとか東城ひよことかもらえたらしいですね。

内容的にも凄く面白かったとか凄かったとか心臓バクバクだったとか何れも高評価な反応ばかりでしたので期待が高まります!

…放送後…

これは…いいじゃないか!!

渡海征司郎の人を蔑んだ感じの表情とっか何考えているのか分からない仕草とか、こう如何にもコイツ性格悪いだろって感じがヒシヒシと伝わってくるのが流石ですね~二宮和也さん。

そしてスナイプの無力さを伝える為にかような方法を用いるとは…でもオペをする時の渡海征司郎は滅茶苦茶カッコイイんですよね~。邪魔だ!と言われたい方は沢山いたんじゃないでしょうか。私も言われたい!まぁそれよりも「1億払い終わるまで一生ココで働け」の方がいいかなぁ。酷いけどカッコイイ…ずるいぞw

今回は山村紅葉さんが病人の役で出演されていましたが、メイクの力と女優としての圧倒的スペックから初め誰だか分かりませんでしたね。凄い迫力でした。色々な役をされる方ですけれども、中々他ではお目に掛かれない役だったんじゃないでしょうか。見れてよかった!

ドラマ唯一の癒しポイント・良心的存在の竹内涼真&葵わかなさんも良かったですね。渡海征司郎のえげつなさを良い具合に緩和してくれるw

ブラックペアン

ブラックペアン 2話あらすじ

スナイプ片手に意気揚々と東城大に乗り込んできた高階ですが…結果はもう…。ですが今度は(島田洋七さん演じる)小山という患者へのスナイプ手術を提案してきます。渡海の手術で一命は取り留めた小山ですが、再度手術する必要があったのです。

手術に難色を示していた事で痛烈な言葉を渡海にもらってしまった小山夫妻は結局佐伯教授の手術を受ける事になっていたのですが…そのスナイプ手術を承諾する代わりにどんてもない条件を叩きつけます!

Sponsored Link

ブラックペアン タイトルの意味や原作1988との違いについて

最近は「ブラックペアン」と同枠のドラマが「99.9」の第2シーズンや「陸王」と高視聴率をたたき出してきた作品だった事もあり情報解禁の後期待され続けてきました。私も楽しみにしてました。

しっかし…“ブラックペアン”というタイトルってどういう意味があるんでしょうね?

ペアンというのは手術等の際に使うハサミのピンセットバージョンみたいな医療器具です。手術の仕上げの際に使用するみたいです。

基本的に手術で持ち入る医療器具と言われるとシルバーのイメージがありますが…このブラックペアンは特注のカーボン製で出来ておりブラックなんだとか。それを扱うのは佐伯教授なんですけれども、何故ソレを使うのかというのが物語のキーになっているみたいですよ。

そしてこのドラマには原作が存在するんです。海堂尊さんの「ブラックペアン1988」という作品です。なのですが、実はドラマでは主役は二宮和也さん即ち渡海征司郎なんですが小説では違うんです。小説では竹内涼真さんが演じている世良雅志が主人公なんです。さらに市川猿之助さん演じる西崎啓介や倍賞美津子さん演じる渡海春江等の新キャラも登場します。

色々原作との違いはありますがそれがどの様に影響していくのか楽しみです。

という訳で今回は「ブラックペアン」に関してお届けしました

-よしなしごと