未分類

刑事7人シーズン4 1話感想と2話あらすじ…今更だけどばくね・爆燃って何?

どうもゼキュウです。
気が付いたらもう七夕が過ぎていますね。皆さんは織姫、ないしは彦星に会えましたか?

冗談はさておき、夏アニメ・夏ドラマの季節がやってきた今日この頃…今期は私は「オーバーロード」というアニメがとても楽しみです。今回で3クール目なんですけれども、前回のシーズン2からたったの1クールしか間が空いてないんですよね。果たしてどうなるのか!?

…この様に人気作品はシーズン●と続編が作られたりしますよね。という訳で今回は今期でシーズン4となるドラマ「刑事7人」の第1話感想と第2話あらすじにフォーカスを当ててみます。

Sponsored Link

刑事7人 1話あらすじ&感想…7年前の事件がキーポイント!?

…放送前…(東山紀之さん演じる)天樹悠が新たに転属させられたのは警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係(何回刑事がでてくるんだよ!!)、先の部下の裏切りから丁度1年後の事です。

所属メンバーは1年前に入庁した新たな部下(白州迅さん演じる)野々村拓海とそして、天樹達をこれまでもよく支えてきた(吉田綱太郎さん演じる)片桐正敏。

そんな彼らが調べていたのは…7年という刑期をまっとうしもうすぐ出所という状況にありながら保護司に暴行を加えて逃走した松原祐二という男についてでした。

片桐の力によって警視庁捜査一課12係に復帰した(倉科カナさん演じる)水田環と(塚本高史さん演じる)青山がその資料をもらうべく刑事資料係を訪れた矢先新たに訪れたの彼らの上司…主任の(田辺誠一さん演じる)海老沢芳樹。

どうやら7年前に発生した事件とは浅からぬ因縁があるこの男、7年前の事を今更ながら調べている青山や天樹達の事を冷徹に見つめる彼に一体何があったのか…。

一方で天樹はこの松原の事件に関して色々思う所がある様子。

果たして7年前の事件とは一体何なのか!?

続きは後ほど加筆します。

刑事7人

刑事7人 第2話あらすじ

此方は後ほど加筆します。

刑事7人 …今更だけど第3シリーズのばくね・爆燃って誰・何?

さて冒頭でもちょこっと話に出しましたが、今回でシリーズ4作品目となる「刑事7人」、前作となる第3シリーズでは天樹悠のアレされてしまった家族(妻・娘)がどうしてそうなってしまったのかが描かれていましたね。まぁ口封じに…でしたけれども。

そんな「刑事7人」の事を調べていると出てくるのが「ばくね・爆燃」といったワードです。

第3シリーズを見ていれば言わずもがなですけれども、今回初めて「刑事7人」を見る方にとってはなんのこっちゃ?だと思います。私も初見だとしたら…ばくね…爆寝…爆睡の事かな?なんて思っていた事でしょう。人名だとしてもwho are you?状態です。

先程天樹悠の家族が…という話をしましたがこの「ばくね」が元凶となっています。臨海エリアにおける元大地主であり、財政界にも影響力を持っている馬久根恒義(ばくねつよし)…第3シリーズにおける敵が彼ですね。演じられたのは山本學さんでした。

「白い巨塔」では里見脩二を演じられていましたね。「おんな城主 直虎」等にも出演されています。第3シリーズでの馬久根恒義の演技も見事でした!!

そんな馬久根恒義も第3シリーズのラストでアレされてしまう訳ですが…果たして第4シリーズではどんな敵が登場するのか楽しみです!!…あ、因みに爆燃に関しては恐らく「ばくね」を調べているうちに派生したものと思われます。

という訳で今回は「刑事7人」に関してお届けしました。

-未分類