よしなしごと

グッドドクター 1話感想と第2話あらすじ…原作・韓国版ドラマとの違い

どうもゼキュウです。

アニメやゲーム、マンガやドラマ…様々な作品がある中でテッパンってのがありますよね。ドラマで言えば医者モノや刑事モノ等でしょうか。

どのクールでも絶対1つ以上は入っていると言っても過言ではないと思います。今期の中だけでも結構な数ですよね。「絶対零度」「刑事7人」「遺留捜査」…ここ数日だけでも3作品!!まぁそれぞれ違うベクトルで味を出しているのでどれも面白いですけど。

という訳で今回は医者モノのドラマ「グッドドクター」の第1話感想と第2話あらすじにフォーカスを当ててみます。

Sponsored Link

グッドドクター 1話あらすじと感想…

…放送前…

舞台となる東郷記念病院では人件費削減の為小児外科をどうするかという会議が行われていました。赤字であり採算性も悪い小児外科、しかし世間的にも少なくなっているという事実も有り(藤木直人さん演じる)主任の高山誠司は政策に反論。科長の(戸次重幸さん演じる)間宮啓介も今でさえキリキリマイなのにこれ以上減らされては困ると同じく反論。

そんな中病院長である(柄本明さん演じる)司賀明もまた高山の意見に賛成しており、レジデントを招く事を決定!そこで招かれるレジデントというのが(山崎賢人さん演じる)新堂湊です。自閉症スペクトラム障がいでサヴァン症候群でもある湊はその医師としての高い能力を司賀明も認める所。

初勤務でバスに乗り病院へ向かう新堂湊ですが…子供が倒れている状況に出くわしてしまいます。病院へ急ぎたい気持ちを抑えつつ、自ら応急処置を施す新堂湊は処置後に到着した救急車で子供に付き添い病院へ行く事に…。

…放送後…

いや~流石に原作がある(後述します)為か出来が良いですね~。私は今回の日本版が初めてというのもあるかもしれませんが、結構医者モノのドラマって今まで放送されてきたと思うんですけどこれはまた見ようと思いました。

そして主人公が障害を背負われているという事もあって中々考えさせられる内容になっていますね。私は自閉症とかその手の奴がどういった症状が出るものなのかよくわかっていないので、これを切っ掛けに理解が深まるといいかもしれないですね。山崎賢人さんがピュアフェイスなだけによりぐっとくるんですよね。

ただ物語のストーリー的に初めは湊が虐げられることになるので身近にいらっしゃる方には複雑かもしれませんが。

もう第1話で湊がファインプレーして子供助けたというのに周りの医者たちは酷かったですからね~。やれ医者失格だのはちのあたま等と…。ただこれが後々うちとけてくるのが楽しみです。今回も藤木直人さんがはじめのうちはイヤ~な奴なのが辛いですね~。

そしてそして個人的には上野樹里さんが良かったですwいいオアシスですよね。結構こうフラットに接しようとしてくれているのが伝わってきて良かった。演技力も流石でした^^私は小林賢太郎さんのkktv7での上野樹里さんが好きでした。

グッドドクター 2話あらすじ

色々あったものの取り敢えず東郷記念病院で働く事になった新堂湊…。

そんな中(山田杏奈さん演じる)女子高生の菅原唯菜が緊急搬送されてきます。なんと学校で破水したとか。その上唯奈はまだ診断を受けたことがないという状況。辛うじて緊急出産したものの赤ん坊の状態は非常によくありません…。

病院の方針としては手術などはせずに温存治療を行うというものでしたが…例によって新堂湊は高山の手術(ハイリスクハイリターンな手術)であれば助かる可能性がある事を唯奈ついつい漏らしてしまいます。

手術をせがむ唯奈ですが未成年という事もあり親の承認が必要であり、親は当然反対…。そんな中NICU(新生児集中治療室)に行くことを(上野樹里さん演じる)瀬戸夏美に禁じられていた新堂湊はそれでもNICUに通いそこであることに気付きます

Sponsored Link

グッドドクター 原作の韓国版ドラマとの違いについて

さてこのドラマ「グッドドクター」には原作が存在します。韓国で放送されていた「グッドドクター」(タイトル、そのまんま)です。今回はそのリメイクになります。

最近は(昔からかもしれないですが)韓国版ドラマのリメイクって結構増えてきましたよね~。この前の「シグナル」とか「ごめん、愛してる」とか。そういえば…この2つとも坂口健太郎さん出演されていましたね!!

…さて話を元に戻しますが、リメイクとなると原作との相違点とかが気になりますよね。勿論舞台が日本になった事でそれにまつわる違いは発生しますが。それ以外の所ですと…

あらすじの所でも記述しましたが主人公は自閉症スペクトラム障がいでサヴァン症候群でもあります。その反作用として日本版では記憶力ずば抜けている、という設定なのですが韓国版ではもう1つパッシブアビリティが存在しています。それが“空間認識能力”です。なので日本版は能力が1つ少なくなっています。

でも日本版ではその能力を利用し見事医師の試験を見事突破しています。しかし韓国版では一度試験に落ちています。あんまりすんなり行き過ぎない方が親近感あるかもしれないですが、2つの能力を使っても突破できないのはちょっと不思議な気もしますね。

それでもその後遭遇した事故における応急処置等の動画がネットで公開、拡散された影響により無事小児外科で働く事になります。

といった感じで、能力の違い・医者になるまでの過程の違い等が日本版と韓国版で生じています。今後この能力の違い等が影響してくるのかどうかはわかりませんが、相違点にも注目してみていきたいですね。

という訳で今回は「グッドドクター」に関してお届けしました。

-よしなしごと