ガンダム

平均視聴率3%未満!ガンダムXが不人気だった理由とは…?

2017/02/08

平均視聴率が3%未満!!

どうもゼキュウです。

視聴率、それは未だに番組の人気を調べる上で1つの指標となる数値ですね。

毎回新ドラマのシーズンが始まると○○が○%で最下位とか連続して○%を達成という様なニュースをネットで見かけたりします。

人気が予想以上に低すぎたりクレームが多かったりする作品は状況によっては打ち切りになったりしますよね。

Sponsored Link

私は幼少の頃やっていたアニメ版のドラゴンクエストが好きだったのですが途中で打ち切りという事で無理やる終わらせられてしまって子供ながら残念に思ったものです。

十数パーセントの視聴率は持っていたらしいんですけどね…。

好きな作品が打ち切られてしまうというのは他にも幾つか経験が有りましてその内の1つがガンダムXなんです。

リアルタイムで見ていた訳では無いのですが枠さえ潰されなければもっと楽しめたのになぁと思うと残念でなりません。冒頭の3%未満というのはこのガンダムXの事ですね。

そこで今回は「平均視聴率3%未満!ガンダムXが不人気だった理由とは…?」を考えてみたいと思います。

理由①主人公ガロード・ラン

ガンダムXの主人公ガロード・ランは見た目的には何の変哲もありません。

唯一違和感を覚えるとしたらそれは声でしょう。それまでのガンダムシリーズの主人公の声といえば少年は少年に青年は青年に聞こえていましたがガロードに関してはちょっと年齢が上に聞こえてしまう事により違和感を与えてしまったのではないかと言う事ですね。私も初めてキイあた時は確かにちょっとした違和感を感じました。

でも聞いていくうちに余り気にならないというか逆にその味が良いと思うになったんですけどね。

理由②ゲテモノガンダム

ガンダムXでの敵サイドの2大巨頭フロスト兄弟が駆るガンダムヴァサーゴとガンダムアシュタロンに対して放たれた言葉です。

胴体がニョキっと伸びてメガソニック砲を撃つその様は確かにゲテモノと評されても仕方のない事かもしれません。

合体してサテライトランチャーを撃つシーンは結構個人的には好きなんですけどね。

理由③コロニー落とし

ファーストガンダムにおいて甚大な影響を与えたコロニー落とし、それを本作では40体も落としました。

結果100億の人口が1億になったと作中で説明がされていますが、コロニー落としもそれを止める勢力も色々スケールを大きくし過ぎた結果ガンダムならではのリアリティが失われてしまったのではないかと。

ってな事からもしかしたら人気がというか視聴率が低かったのかもしれません。

が、そんなマイナス?ポイントを補って余りある魅力がガンダムXにはあると私は思います。是非ご覧になって確かめてください!それでは、

良いガノタライフを!

-ガンダム