よしなしごと

ラストチャンス1話感想と2話あらすじ…原作本との違いはアレ!

どうもゼキュウです。
お盆も終わりですね~。私も今日は送り火を炊きました。なんとなくしんみりとしてしまいますね。…まぁ旧お盆の場合はまた日程が異なりますが。

ここ3日間は土日月と連休だった為今日は帰宅ラッシュが凄かったらしいですよ。

さて今回はそんな社会的な事に目を向けたドラマ「ラストチャンスー再生請負人ー」の第1話感想と第2話あらすじにフォーカスを当ててみます。

Sponsored Link

ラストチャンス 第1話あらすじ&感想…〇〇がまさかのゲスト出演!

…放送前…

勤務先の銀行が吸収合併されたことで今までの単調だけど順調な人生が一変した樫村(仲村トオルさん)。

同僚たちが次々と退職し、親交の厚かった同期の宮内(椎名桔平さん)もまた…。そしてやがて樫村も退職することに。

職探しの最中、大手投資会社「グローバル・リバイバル・ファンド」の社長・山本知也(大谷亮平さん)からフランチャイズ企業「デリシャス・フード」再建という仕事の話しが舞い込んできます…!

続きは後程加筆します。

第1話では樫村が勤務していた銀行の頭取として原作者である江上剛さんがゲスト出演される!という事なのでそちらも楽しみですね!!

…放送後…

中々にサラリーマンしてらっしゃいましたね!仲村トオルさん!私は刑事とか「チーム・バチスタ」とかのイメージが結構強いんですけれども…この仲村トオルさんもええなぁ~。カッコイイな~。しかも椎名桔平さんが右腕とか…スバラでぅ!(まぁ対立しそうでもありますが)

まぁあの上司は嫌味な奴でイッライラしましたけどね、思わず「スカッとジャパン」にまわしたくなりましたね。最終話とかでコテンパンにしてくれることを祈ります!

しっかし勤務先を勤め先決めてから辞めるんじゃなくて辞めるのが先って結構チャレンジなことしますね樫村も。奥さん(長谷川京子さん)が割とすぐにゴーサインだしたのには驚きましたw

その分娘からの反発は大きかったですけどね…。娘の言い分は分からなくもないけど、ここは大黒柱の意見を尊重してあげたい!だって、稼ぐのは結局彼ですし。今後ストーリーが進んで行くにつれて娘がデレるのも楽しめるのかな!?…「ヘッドハンター」から江口洋介さん引き抜いてくれば娘の心配もなかっただろうにw

ビジネスドラマという事で色々小難しい事が出てくるのかな?なんて思っていたら結構その業界を知らない人にとっても十二分に楽しめる内容になっていたのも良かったです。第三者割当増資とか知りませんでした;;

フランチャイズの説明までありましたね。なんとなくは分かっていますけど人に説明できるかといわれると…そこまでの知識量ではなかった…。楽しめるし勉強にもなる!これは来週も楽しみです!!

 

ラストチャンス

ラストチャンス 第2話あらすじ…

突然の「7億返せ」発言が飛び交ったものの…岸野(勝村政信さん)らは「問題ない」の一点張り!(絶対問題あるだろう)

そんな中十和子(水野美紀さん)や宮内らからフランチャイズの危険性についてのアドバイスをもらった樫村…果たして何をしようというのか!?

Sponsored Link

ラストチャンス ドラマ版と原作の小説版との違いとは?

さて先ほどちょこっと触れましたが、このドラマ「ラストチャンスー再生請負人ー」には原作が存在します。江上剛さん作の小説「ラストチャンス再生請負人」です。(さらにさかのぼると「人生、七味とうがらし」⇒「人生に七味あり」からの…です)

第1話では江上剛さんも出演されるという事ですけれども、その第1話では主人公の樫村が新しい勤務先にたどり着く辺りが描かれるみたいですね。

ところで原作との違いとかはあるのでしょうか?

調べてみましたが凄く大きく変わっている!!というのはあまりありませんでした。ですが…

“主人公の息子・幸太郎(渡邉蒼くん)が小学四年生から中学生になっている”
“主人公に娘・遥香(佐々木七海さん)が存在する”
“デリシャス・フード・システムからデリシャス・フードになっている”
“塩田に和男という名前が付いた”“ジャパン・リバイバル・ファンドからグローバル・リバイバル・ファンドに変わっている”

等の違いはあるみたいです。個人的には娘の登場が気になりますね!
という訳で今回は「ラストチャンスー再生請負人ー」に関してお届けしました。

-よしなしごと