よしなしごと

ハゲタカ 1話感想と2話あらすじ…原作小説との違いについて

どうもゼキュウです。

数年前に流行った「半沢直樹」、いや~ホントに面白かったですよね。嫌な上司を最終的にコテンパンに…!私もついつい見ていました。「倍返しだ」も色々な人が使ってましたからね~!(まぁ…倍返しだに関しては我々ガノタは20年近く前から使っていましたけどね( ̄ー ̄))。

今回はそんな「半沢直樹」のスピリットも併せ持っているドラマ「ハゲタカ」の第1話感想と第2話あらすじにフォーカスを当ててみます。

Sponsored Link

ハゲタカ 1話あらすじ&感想…

…放送前…舞台となるの場1997年、大手銀行ですら倒産しかねない日本の金融業界です。

そんな中で大手銀行の三葉は生き残るためにバンクセール作戦を実施。不良債権を投資会社にまとめ売りする事を決定します。そしてその担当となったのが芝野健夫(渡部篤郎さん)、彼はその売買の席で外資系ファンドの代表である鷲津政彦(綾野剛さん)と邂逅する事になります。

最低でも300億円位は売り払いたい芝野ですが鷲津はあくまでも査定次第というスタンス、ですがその査定に対して芝野以外の三葉メンバーは確かな手ごたえを感じていました。…が鷲津が査定の結果出した金額は…!!

鷲津に見事丸め込まれた事に怒りをあらわにした三葉の常務取締役の飯島亮介(小林薫さん)は2回目のセールを自らで仕切るとともに、社員に三葉の為だけに働く様にと怒号を飛ばします。そんな飯島に対して1回目のセールから感じる事のある芝野は…。

…放送後…

あなたはまだ生きている!…何気に名言!お前はもう…の方を知っているからこそかもしれませんがw対極にある言葉ですからね。

他にも「この国のメディアの特徴だよ叩きやすい奴を叩くのは」といった物凄く的を得ているセリフも飛び出しましたね。正にその通り!そしてブーメラン!!まぁメディアに限った話ではないですけどね。他人を叩いて自己を正当化する輩というのはどこにでもいるもんです。

さて、そんな名言も飛びだし、ストーリー展開等も中々いい感じでしたが…如何せんNHK版と比べると軽さが目立つという意見を多く見かけましたね。私はNHK版をみていないのですが、確かに何時もの綾野剛さんのほうがしっくりくる気はしました。

今回のもカッコイイんですけど、こうやさしさがぬぐいきれない感じでしょうか。普通に熱い人みたいな感じなんですよね。見守る系の主人公の方が綾野剛さんのパワーをより発揮できる、ってな印象は改めて受けましたね。まぁ見慣れてくれば解決されそうですがw

ただある意味この軽さを楽しむドラマなのかな~という気もしました。ただただ似たような焼き直しをするだけではあまり意味がないでしょうからね。以前のドラマが中々だっただけに今作は評価が分かれる事になりそうですが、これはこれで私は良いんじゃないかと。あと恋愛要素がいるのかいらないのかという点も別れそうですね。

ハゲタカ

ハゲタカ 2話あらすじ

さきのバルクセールから既に4年の月日が経ちました。

鷲津の次なるターゲット「太陽ベッド」。早速債権全てを譲渡する様に飯島に迫る鷲津は300億円程の債権を40億円で入手する事に成功します。無能経営のせいで債務超過が480億円にまで達してしまっている太陽ベッド、その社長・中森瑞恵(かたせ梨乃さん)に債権放棄の代わりとして…経営陣の撤退&民事再生法の申請という条件を突き付けた鷲津ですか全く持って相手にされません。

それでも太陽ベッドのバイアウトを目指す鷲頭は瑞恵の息子・伸彰(渡部豪太さん)に謀反の兆しがある事に目を付けます。

しかしそんな中太陽ベッドは債権者であるにもかかわらず鷲津に無断で民事再生法を申請し、新たなスポンサーを獲得しようとしている事が明らかに!!

Sponsored Link

ハゲタカ 真山仁作の原作小説との違いについて

放送前から私も楽しみなドラマである「ハゲタカ」ですが、実はこれまでに映画化やNHKでドラマ化もされた作品なんです。その時は主演が大森南朋さんでした。本当に数多くの作品に出演されてきた大森南朋さんですけれども…個人的には小林賢太郎さんのプロジェクトK.K.Pでの「LENS」の刑事役が好きですね~。「小林賢太郎テレビ9」のも好きです。

さて、その時のドラマも真山仁さんの原作小説との相違点は結構ありました(オリジナルキャラクターや会社名の違い、趣味などの設定の違い等々)。というかドラマと小説は別物といっても良い位でした。そしてそれは原作者である真山仁さんの意向だとか。

そして今回のテレビ朝日版でのドラマもまた…原作とは別物になりそうです。公式HPでのあらすじやキャラクター設定等を見る限り、会社名や人物の経歴等色々相違点もありますし…何よりストーリーは真山仁さんが新たに書き下ろしたものなんですって。

これは小説を読み終わっている方でも新たな楽しみが出来たんじゃないでしょうか!?

あ、設定やストーリーは原作とは異なりますが、主人公の考え方などはそのままみたいですね。鷲津は手段は下記の「ハゲタカ」の様にちょっと汚いというか強引なところは有りますが、性根が腐った奴ではありません。そういったところは引き継がれるみたいです。

因みに皆さん、「ハゲタカ」の意味をご存知でしょうか?グーグル先生に聞いてみたところ…

企業買収を仕掛ける際に、対象企業の株式や社債などが安くなっているタイミングを狙って買収し、その企業の経営に深く関与して企業価値を高めた後に売却することで、高い利回りを獲得することを目的としたファンドのことを皮肉るときに使う俗語。

ハゲタカ(禿鷹)が獲物を捕らえやすいよう、その獲物の体力が弱っているときを狙うことに由来した言葉。「ハゲタカ・ファンド」とも呼ばれております。

だそうです!という訳で今回は「ハゲタカ」に関してお届けしました。

-よしなしごと