よしなしごと

ラストチャンス2話感想と3話あらすじ…主題歌のリリース日はいつ?

2018/07/23

どうもゼキュウです。

テレビとかで昔のバラエティ番組等の映像が流れたりすると思わず懐かしくなったりしますよね~。そしてやはり映像の進化の目まぐるしさには目を見張るものがあります。

私は世代ではありませんがハンターチャンスとか懐かしい方いらっしゃるんじゃないでしょうか。

チャンス…?

という訳で今回は「ラストチャンスー再生請負人ー」の第2話感想と第3話あらすじにフォーカスを当ててみます。

因みに前回のはコチラです。

ラストチャンス1話感想と2話あらすじ…原作本との違いはアレ!

Sponsored Link

ラストチャンス 第2話あらすじ&感想…黒幕は本田博太郎?

…放送前…

7億円の事といい岸野(勝村政信さん)らは樫村(仲村トオルさん)に…というより世間に対して隠蔽している事が色々ありそうです。

そんな中、十和子(水野真紀さん)から飲食業のレクチャーそしてフランチャイズの危険性について教わる樫村。さらに宮内(椎名桔平さん)からも同じような話を聞き、樫村は…。

予告動画ではフランチャイズを資金繰りの水増しにつかっているとか裏約束といったワードが飛び交ってました。何とも気になる内容ですね。果たして裏で糸を引いているのは誰なんでしょうか?動画を見る限りでは本田博太郎さん演じる大友勝次が怪しそうですよね。竜雷太さんの小沢幸太郎は取り敢えず味方っぽいですし。

…放送後…

いや~樫村が就職してからというものの随分と態度が軟化しましたね~樫村娘(佐々木七海さん)!まぁ家族仲が良好なのは素晴らしい事なんですけれどもwゲンキンやなw

でもあの元部長?上司は鬱陶しいねぇ。あの手の人とは早めに縁を切りたいな。そして鬱陶しいといえば…デリシャス・フードのCEO!奴がもうね…。建て直しより株価優先ですよ、みたいなのがもうね…。やっぱり怪しいと思ってたんだ。バスロマンめ…!その癖大友さん…不正の事も知らずに激怒して社長を辞任って、お飾りなのに威張りすぎだろうw

そして彼奴に従う岸野もどうなのかな~、って感じですよ。立て直したいのかそうでないのか…怪しい帳簿1回隠したし!大友の指示は聞く癖に…キーッ!!(まぁ大友があれしてからは軟化しそうではありますが)

佐伯隆一(和田正人)が居てくれたことは不幸中の幸いだったね。あと十和子さん。水野美紀さんの関西弁こそ気になったけど、中々いい働きをしてくれてますね。女難の相ってのが気になりますが。

さらにジャパンリンケージ!…はまぁ彼らの仕事をしただけの事だから詮方ないか。

それにしても…いつの間にか7億が100憶!!これ本当に再建出来るんだろうか…。これからどうなるんだろうw

ラストチャンス

ラストチャンス 第3話あらすじ

デリシャス・フードはフランチャイズ権をオーナーに売る一方で、将来買い戻すという“裏契約”を交わし、資金繰りをしていた。“含み損”が百億円以上に上ると知った樫村(仲村トオル)は驚愕する。社長の大友(本田博太郎)は憤り、社長を辞任すると言い出す。誰が次の社長をやるのか…?緊急取締役会で山本(大谷亮平)は前触れもなく突然、樫村に社長就任を依頼する。困った樫村は妻や子供たちに相談するが…。

大友が100憶の件で憤り、社長を辞任すると言い出してしまいました…。100億もそうですが次の社長を誰にするかも問題です。

緊急取締役会で山本(大谷亮平)は樫村に社長就任を依頼してきます!!

果たして樫村と会社は一体どうなってしまうのか!?

Sponsored Link

ラストチャンス 第1話視聴率&主題歌のリリース日はいつ?

昨日は以前にドラマ化や映画化もされた「ハゲタカ」が新たに放送されましたね。あれはあれで十二分に楽しめましたけど、経済用語とかもっと私が知っていればより深く楽しめたのかなぁなんて思いました。

この「ラストチャンスー再生請負人ー」もビジネス用語が割と出てきますね。ただまぁ結構噛み砕いてあったり、説明してくれたりするのでこれきっかけで覚えられたりするってのも魅力の1つですよね。そんなこのドラマの初回視聴率は6.1%だとか。

そしてこのドラマを盛り上げてくれる物の1つが音楽ですよね。やはりBGMや主題歌の与える影響は大きいです。ゲームとかも最近はフルボイスだったりしますけど、BGM等が無いとどうにも物足りなく感じますしサウンドトラックとかがそれなりに売れるというのはユーザがそれだけ音も楽しんでいるという事でしょうし。

そんなBGM/主題歌等この「ラストチャンスー再生請負人ー」の音を担当されているのが村松崇継さんです。これまでジブリアニメとか国内ドラマの音楽等を数多く手掛けられてきた方です。今回の主題歌は「Starting over、曲もさることながら歌詞も素晴らしいですよね。

主役の樫村は逆境にあっても自身の考えを曲げない、不屈の精神で会社や人を再生させようと頑張っている訳ですけれども、そこと非常に良くリンクしていて素晴らしい世界観を構築しています。

そんな「Starting over」を含めたアルバム「青き海辺のカタルシス」が2018年8月22日にリリースされます!税抜きで2130円だそうです。

「未解決の女 警視庁文書捜査官」や「8年越しの花嫁 奇跡の実話」等の音楽、竹内まりやさんが作詞を手掛けた「いのちの歌」(NHKの朝ドラ「だんだん」の劇中歌としても話題になりました)等も一緒に収録されています。…これは買うしかない!!

という訳で今回は「ラストチャンスー再生請負人ー」に関してお届けしました。

-よしなしごと