ガンダム

ガノタには設定厨が多い?…ガノタが設定にうるさい理由とは?

2017/02/08

設定…それはソフトウェアやハードウェアを扱う上で非常に重要な物です。

設定が上手く行われていないと動かなかったり動いたとしても意図しない挙動になったりします。

しかし設定は重要ですが結構面倒な分野であったりもするので物によっては専門のスタッフがやってくれるサービスが有ったりもしますよね。

私の知人も以前インターネット関連で設定を業者にやってもらってました。どうもゼキュウです。

Sponsored Link

設定はアニメ等でもとても大事な物です。設定無しで作品を作ろうものならぐちゃぐちゃになってしまいます。

作り手側の意識を共有しひいては視聴者にそのストーリーや世界観、キャラクター達の魅力を伝えるのにも必要なのです。

そしてそれが不十分だと時に足元をすくわれる事も有ります。作品で描写された内容が設定を矛盾しているないしは違和感を覚える等有ったりするとクレームとは言わないまでも人気の低下には繋がっていきます。

ガンダムシリーズの中でもこれは…と思うシーンはそれ相応に有ります(メッサーラのビームサーベルが何かぶっといとか)。

そこで今回は「ガノタには設定厨が多い?…ガノタが設定にうるさい理由とは?」をお送りします。

理由①とりあえす噛み付く

世の中には取り敢えず何でもいいから噛み付いておこうとか揚げ足とっておこうとか叩いておこうとかそういう人達がいます。

残念ながらきっとガノタの中にもそういう人達がいるのでしょう。今やインターネットの普及によって色々な情報(真偽は問わず)が見れますし書き込みも自由に行えるというのも追い風になっていそうです。

理由②「ガンダム」だから

ガンダムシリーズの多くはシリアスなロボットアニメーションです。それ故に多少の綻びが作品全体を破綻させてしまう事も有るのです。

また、強引なご都合主義やとんでも設定もその類で、そういった事態を今後避ける為の一種の啓もう活動です。

理由③「ガンダム愛」への不安

ガンダムはビッグタイトルです、故に多くの人が心血を注いで作っている事でしょう。

人間だからミスをするのは仕方のない事ではありますが、そんな心血を注がれた作品において違和感や矛盾が生じていたらこの人達大丈夫なのかな?と思うものです。ガンダムが大好きなガノタならば尚の事です。

皆さんも誰かが仕事をミスしていた場合その人に次任せても大丈夫なのかしら…と思う事有りますよね?それと同じです。

ガノタが設定にうるさい、噛み付くのはガンダムが好きであるが故の行動です。

面白ければ何でも良いという方も勿論居るでしょう、しかし作品というのはそういう人達だけを相手にすればいい訳では有りません。

色々な人がその作品を見るのです。作品が一定の水準を保てるのもそういった噛み付いてくる人達がいるからだと私は思います。

なので皆さんぜひ理にかなった噛み付きならば是非やっていきましょう!!

それでは、良いガノタライフを!

-ガンダム