よしなしごと

高嶺の花 5話感想と6話あらすじ…石原さとみのワンピがカワイイ!

2018/08/03

どうもゼキュウです。

相変わらず暑い日が続いております。皆さんお元気ですか?

以前コンビニでアルバイトをしていた時なんかは夏場はセブンカフェのアイスコーヒーが飛ぶように売れていました。補充がめっちゃ大変なんですけどね…100円で飲めるってのは贔屓目に見てもリーズナブルだと思いました。

最近はカフェラテも発売されているみたいなので…皆さん是非お試しくださいw

さてそれはさておきまして今回は「高嶺の花」第5話感想と第6話あらすじにフォーカスを当ててみます。

因みに前回のはこちらです。

高嶺の花 4話感想と5話あらすじ…視聴率がΣ面白くない?原因はアレ!

Sponsored Link

高嶺の花 5話あらすじ&感想…小日向文世が切り出した母親の話しとは!?

…放送前…

さぁ思いのほか早く一夜を共に過ごしたもも(石原さとみさん)と直人(峯田和伸さん)はさらに恋人関係を深めていきます。

そしてその中で…ももは直人を皆(月島家)に紹介し結婚話を切り出す傍ら、家元はなな(芳根京子さん)に継がせて欲しいと進言します。

市松(小日向文世さん)はそんなももに結婚する事の条件として破門を言い渡すのですが…。

市松はその後、月島家に現れた吉池(三浦貴大さん)に襲われ大けがをさせられてしまうのです。吉池は逃亡…病院へ駆けつけたももですがそこで市松よりある母親の話を聞かされます。

一方でななは益々龍一(千葉雄大さん)への思いを募らせていきます。自身の母親・ルリ子(戸田菜穂さん)と龍一がソレ的な関係を続けているとは知らずに…。

う~んやっぱり市松が切り出す話といえば前回の実の娘じゃない発言の事ですかね~。本当の母親の話、的な。…まさか天に旅立たれる訳じゃないだろうな。あぁ…気になる!

続きは後程加筆します。

高嶺の花

高嶺の花 第6話あらすじ

こちらは後程加筆します。

高嶺の花 4話での石原さとみのワンピがカワイイ!ブランド&視聴率!

いや~前回の第4話からまたいきなりの急展開、作風というか雰囲気も変わってきた「高嶺の花」ですけれども、1~3話まで右肩下がりだった視聴率がどうなったのかが気になるところですね。

個人的には今までの中でお話としては第4話がやっぱり一番面白かったので回復しているといいな。視聴率は判明しだい追記しますね。

さて気になるといえば…やはり石原さとみさんの衣装そうでしょう!刑事モノとか病院モノだとどうしても衣装が一定になりやすいですけど…この手のドラマは色々カワイイ衣装が沢山出てくるのも魅力ですよね。特に石原さとみさんはカワイイからな~。

第4話では元カレ・吉池と会話をするシーンがありましたね~。カフェで。あの時はワンピースを着ていました。これがまた可愛いんですよね!調べてみたところ…「セルフォード」の「脇フレアヘムワンピース」というアイテムの様です。通販サイト等では「高嶺の花」で使われた旨の記載も書いてありました!

高嶺の花 ワンピース

ちょっとクラシカルな感じが個人的にはカワイイな~と思うこのワンピース、お値段税込みで19440円でした。カラーバリエーションは「アイボリー/ライトブルー/ブラック」の3種類がありましたが…作中に登場したライトブルーは既に完売でした。アイボリーとブラックだったら先行予約とか出来るみたいですよ!アイボリーも結構好きな色ですな~。

という訳で今回は「高嶺の花」に関してお届けしました。

-よしなしごと