ガンダム

ガノタならば…キングダムと言われたらサンキキングダムですよね!

2017/02/08

どうもゼキュウです。

キングダム…それは王国を意味する言葉ですが、某有名な漫画のタイトルにもなっていますね。

あの漫画目当ててヤンジャンを購入している方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。私の知人の中にドはまりしている方が居ます。私は良く分かっていませんが…。

最近では某テレビ番組のトークテーマ等にもなってましたね。

Sponsored Link

他にもキングダムハーツとか有りますよね。あれが発売されると聞いた時は驚きましたね~。

ある意味夢のコラボですよね。日本を代表するゲームメーカーの1つであるスクエニと世界的な大企業とのコラボですからね。

以前クロノ・トリガー発売された時もあの当時はまだ合併していなかったゲーム制作会社の2大巨頭であるスクエアとエニクスが合作を出すという事でワクワクでしたがそれを超える程の驚きでした。

まぁ、大体キングダムと言われたらこの辺りを思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし!真のガノタならばもう一歩踏み込んで…サンクキングダムですよね!

サンクキングダム…Wガンダムにおいて過去の反省を踏まえ完全平和主義を掲げた国、しかしその一切の武力を持たずに対話による平和を目指す思想は地球圏統一連合にとって都合の悪いものであったが故に滅ぼされてしまった国…。

Wガンダムにおいてこの完全平和主義は重要なテーマになっています。

OZとホワイトファングそしてコロニーの反抗の象徴であるガンダムとの避けようのない衝突の中で完全平和主義を受け継いだリリーナがそれをどう貫いていくのかというのがWガンダムの見所の1つだと思います。

平和を主張するヒロインはガンダムシリーズの中にも幾人か存在しますが大体は達成出来なかったり、口では平和を説いておきながら結局は相手をぶっ潰すという自己矛盾を抱えていたりするのですがリリーナに関しては如何なるリスクを負おうとも体を張って完全平和を貫く姿勢(例えば、再建させたサンクキングダムがOZに侵攻された際にも力で抵抗しようとする味方を止め主義を貫くべくサンキングダムを解体したりと)を見せています。

必然的にシリーズの中でも自己主張の激しい&何言ってんだ此奴は…状態になりやすいのでそこが好き嫌いを分かつポイントになっています。私は嫌いじゃないんですけどね~。

そんなリリーナの活躍を是非作品を見て応援しましょう!また、続編となる映画、エンドレスワルツも合わせてチェックしましょう。

それでは良いガノタライフを!

-ガンダム