よしなしごと

ケンカツ 4話感想と5話あらすじ…「コモンズ」のロケ地は何処?

どうもゼキュウです。

椅子の背もたれにもたれかかってギーギーやってたら危うく、スッテンコロリンするところでした…あれはヤバカッタΣ

さてそれはさておきまして今回はケンカツこと「健康で文化的な最低限度の生活」の第4話感想と第5話あらすじにフォーカスを当ててみます。

因みに前回のはこちらです。

ケンカツ 3話感想と4話あらすじ…田中圭のインスタにも注目!

Sponsored Link

ケンカツ 4話あらすじ&感想…山田裕貴はシングルマザーを救えるか

…放送前…

七条(山田裕貴さん)のもとに岩佐明美(安達祐実さん)が訪ねてきた。夫のアレが原因で離婚して現在シングルマザーとなっている彼女は離婚以来生活保護を受けていた。

育児を求職活動に励む彼女を見て…七条はそんな彼女と自分の母親と重ねていた。その為思い入れも強いようだ。

だが彼女が面会中に娘・咲(吉澤梨里花さん)の異変に気付いたえみる(吉岡里帆さん)は彼女もまた娘にソレ的な事をしているのではないかと危惧…七条に相談するもひいきしている彼にその言葉は届かない。

そんな彼女から仕事につけたという連絡がきたのはしばらく経ってからだった。だがその連絡以降、彼女との連絡は途絶えてしまった。偶々町で見かけても何故か七条から逃げ出すという始末である…訳が分からず悩んでしまう七条…。

実はあの連絡はウソだったのだ。彼女の妹がやってきて色々な事が重なった結果、追いつめられた彼女はとっさにウソをついてしまったという。

かような精神状態にある彼女はこれからどうするべきか、七条とえみるの言い分はぶつかり合ってしまうのだった…。

一方で人生を再スタートさせた阿久沢(遠藤憲一さん)にも再び転機が訪れようとしていた。

続きは後程加筆します。

健康で文化的な最低限度の生活

ケンカツ 5話あらすじ

こちらは後程加筆します。

ケンカツ 吉村界人と遠藤憲一が会っていた「コモンズ」のロケ地は何処?

前回までは生活保護の不正受給というナーバスな問題を描いていた「ケンカツ」、私は偶々そういう家庭に生まれなかったけれど…なんとなく日々を過ごしていちゃダメだなと思いました。我々の生活の周りには色々な問題が目白押しですからね。

さてそんな第3話では遠藤憲一さん演じる阿久沢と吉村界人さん演じる欣也が話をしているシーンがありましたよね。コンビニの前で。あのコンビニ、「コモンズ」のロケ地がなんとなく気になったので調べてみたところ…

東京都は世田谷区にある“きむらや”というお店でした。正確な住所は

世田谷区新町3丁目1番

ですね。今回はそんな阿久沢にもまたターニングポイントが訪れるという事なので楽しみですな。

余談ですが、えみる達が話をしていた居酒屋は店舗までは分かっていないものの…“やきとりセンター”みたいですよ

という訳で今回は「ケンカツ」に関してお届けしました。

-よしなしごと