ガンダム

個人的には大好きなガンダムZZが何故か駄作と言われてしまう理由

2017/02/08

自分はこれが好きだけど相手はあまり好きでは無い、世間的にはあまりファンは少ない…という事は良よく有りますよね。

どうもゼキュウです。

以前飲み屋で初めてクジラを食した時、「あ、これ美味しい」と思ったのですが後日知人にその話をしたら知人はあまり得意ではありませんでした。

やはりあのクセが引っかかる様です。マトン等に比べれば大分マイルドだと思うんですけどね。

Sponsored Link

さて、悲しきかなガンダムにもそう言った自分は面白いと思っているけれど世間的には駄作と言われてしまうタイトルが幾つか有ります。

その内の一つが「ガンダムZZ」です。

今日はそんな「個人的には大好きなガンダムZZが何故か駄作と言われてしまう理由」その魅力兼突っ込まれポイントに迫ります。

ポイント①特徴的なMS&キャラクター

先日バリアブルシールドの件でご紹介したR・ジャジャ、

ZZきっての機体本体及び背面のブースターのいたるところからミサイルが発射可能であるズサ(カラーリングも黄色で目立ちやすい)、

他ではあまり見る事の出来ないアームパンチが組み込まれたガルスJ、

ファンネルの中にファンネルが収納されているというまさかの発想のゲーマルク、

大型MSとして圧倒的な性能と図体のでかさと存在感を誇るクィン・マンサ、

ファーストガンダムにおけるMA感を感じさせるジャムルフィン、

シールドからメカ粒子砲が撃てる上に有線式サイコミュによるオールレンジ攻撃も可能なハンマ・ハンマ…等々我の強いMS達が沢山登場します。

負けず劣らずキャラクター達も中々に濃いです。先だってご紹介したキャラ・スーンやラカン・ダカランを始め、Zから続投のハマーン・カーン、さっと出てきてさっと散ってしまったガザの嵐隊やジャムル3Dの面々、ZZ一番のギャグ要因マシュマー・セロ、あの容姿からそっちの方向に幾多の人を目覚めさせたであろうエルピー・プル並びにプルシリーズ…よりどりみどりです。

これだけキャラやMSが数多く際立っているガンダム作品なんて他にはそうそう有りません。まぁ、そこが好き嫌いの分かれる所かもしれませんが…。

ポイント②コメディ要素

ガルスJのコックピットのハッチが故障して閉まらない時には「風通しが良くて結構」とそのまま出撃したり、ジュドーがまだMSの操縦に慣れていない時の挙動に逐一とんちんかんな反応を見せるマシュマー、航空ショウの様に空中にバラの絵を描くガザの嵐隊、まさかのZからの生き残りのヤザンの落ちぶれよう…等々他のガンダム作品では中々見られないギャグ要素が有るというのがまた好き嫌いの分かれるポイントですね。

私としてはこれ位のギャグ要素を持ちながらもちゃんと真面目な所は真面目に描かれるZZガンダムは面白いと思うんですけどね。

是非駄作と言う流れに流されずに騙されたと思って見てください。

それでは、良いガノタライフを!

-ガンダム