ガンダム

ガノタはロボットを見ると既存のMSの○○っぽいと分析してしまう

2017/02/08

破天荒…今まで誰一人として成し遂げれなかったことをやってのけるそんなフロンティアスピリット溢れる人を現す言葉…。

まだまだ未開拓な分野を突き進むというのは常に不安が付きまとうものです。

分野として掘りつくされていそうな中で全く新しい物事を作り出すというのは大変難しいです。

どうもゼキュウです。

Sponsored Link

アニメやドラマ、オンラインゲームなんてそれが顕著ですよね。

深夜枠のアニメ等は何と言うか似たり寄ったりの物が多いですし、ドラマもやれ刑事ものだやれ医者ものだとなっていたり、オンラインゲームは同じ会社が前の作品を焼き直している様な物が蔓延っていたり…。

それで成功するうちは良いかもしれません、しかし似ている作品が増えると当然競争率も高くなってしまいます。

故に必死に隙間を探したり今まで人が思いもしなかった「その発想は無かった」という様な仕組みを探したりする訳です。

当然それにはリスクが伴いますし日本人自体があまりアグレッシブにチャレンジする気質が弱い事も有り苦戦を強いられている所も多い事でしょう。

○○じゃなければダメという様な考え方が日本には古くから根付いています。

故に固定観念にかられやすくなっています。

しかし、これからの国際化社会を生き抜くには柔軟な発想が必要なのです。

そしてその為には幼少の頃の教育内容からテコ入れする必要があるのではないかと私は思います(かなり大変な事ではありますが)。

そんな固定観念のなせる業かどうかは分かりませんが我々ガノタはロボットを見ると既存のMSの○○っぽいと分析してしまうんですよね。

頭部は○○と○○を足して2で割った感じだな~とか、この変形シークエンスは○○っぽいな~とか…。今やロボットアニメは色々な作品が登場していますので全く新しいどれにも似ていないというのは難しいですよね。

まぁ、似ていたからと言ってどうって事ではありません。その他の作品のポイントが良ければ全体として面白い作品となる訳ですから。

しかし!

同じガンダムシリーズの作品に登場するMS同士で似ているとなると話は変わってきます。

それはガンダムにはガンダムシリーズにはガンプラを売るという大事な使命が有るからです。

新しい奴を買おうと思ってお店に来たけれど以前買った奴とあまり変わらないな…いいや外食でもしよ~っと、とならないとも限らないのです。

マイナーチェンジを楽しみたい人であればそれで大丈夫ですけどそういった人達だけを相手にすれば良いと言う訳ではありませんからね。

その悲劇を防ぐ為には新しい発想のMSを出すか或いは作品の中での演出を格好良く視聴者が引き込まれる様にして似ているけどこのMS作りたいんだよな~と思わせる作品を世に送り出す必要があると私は思います。

そういった観点からしても今やっているオルフェンズは面白いですね~。

力が入っている感じが伝わってきます。ガンダム愛が伝わってくるのです。ガンダム以外の機体が結構登場するというのが1つのポイントですね~。

ぜひオルフェンズをご覧ください。それでは、良いガノタライフを!

-ガンダム