ガンダム

タオルをクーロンorマスタークロスに見立ててマスター・アジア

2017/02/08

どこかに2泊3日の旅行だ~ととなった時タオルを持っていく事が有るかと思います。

あまり使い込んだタオルだとぺったんこになっていたり、如何にも普段使っていますという感じが出てしまって見た目がよろしくないという事で新しくタオルを買い直すなんて方も居らっしゃるのではないでしょうか。

未使用のタオルはノリが付いていて汲水の観点からするとあまり良くはないですけどね。どうもゼキュウです。

Sponsored Link

真のガノタがそんなタオルを見ているとついついやってしまうのが

タオルをクーロンorマスタークロスに見立ててマスター・アジア!ごっこです(又は流派・東方不敗の型のマネですね)。

これらのクロスをも使いこなすマスターやその弟子ドモン達モビルファイター(主にこの二人ですが)は素手でMSを倒したり、関節を外して敵の技から抜けだしたり、金色になったりと色々規格外な人達です。

そんなマスターが駆るMSのクーロンガンダムそしてマスターガンダムのユニーク武装がこのクーロンorマスタークロスですね。

ビームで出来たクロスで長さも硬さも自由自在に変更可なので、鞭の様に長くしなやかにして相手に巻き付けて引き寄せたり、従来のビームサーベルの様にして切りかかる事が可能です。

マスターが腰に巻いている布と連動しているのでマネる時は腰に巻いているタオル的な何かを外して振り回すという流れになります。

そしてそれらの活躍が見れるのがGガンダムです。

Gガンダムと言えばその圧倒的な熱さが魅力の1つです。主役のドモンの中の人はこの役で喉を潰してしまったというのは有名な話です。それだけのパワーがこの作品には込められているのです。他のガンダムシリーズと比べてもその熱さは断トツです。

更に他にも少年漫画等で見られる様なカベにぶつかった時には修行したり、

初めは敵として出てきたキャラクターが拳を交えた後友になったり、

その友が闇堕ちしそうになったときは目を覚まさせるという絆が描かれたり、

弟子と師匠の真剣勝負やメインヒロインとの熱い愛…等々熱さ以外にもそれまでのガンダムではあまり描かれてこなかった様な所も描かれている異色の作品です。

そういった少年漫画の様な展開が有る中メインストーリーには大どんでん返しが有ったりして中々侮れない作品でもあります。

もし見ず嫌いで見ていないという方がいらっしゃいましたら騙されたと思ってご覧になってください。ある意味楽しめると思います。

それでは、良いガノタライフを!

-ガンダム