ガンダム

戦隊モノの名前にも使えそうなガンダムに出てくる何かしらの名前

2017/02/08

特撮モノは昔から今日に至るまで色々な人を魅了してきました。

親子揃って特撮ファンという方も多い事でしょう。

以前、〇〇ジャーの薄い本の存在を知って人の想像力は凄いなぁ~と思ったものです。

どうもゼキュウです。

Sponsored Link

そこで今回は「戦隊モノの名前にも使えそうなガンダムに出てくる何かしらの名前」をお送ります!

では先ず第3位…「クシュリナーダ」です。

優雅戦隊クシュリナーダ!てな感じでしょうか。

ワードから高貴さそして力強さ更にカリスマ性を感じさせますね。熱い戦隊モノでも敵を優雅に倒しそうです。昔の騎士の様な感じでしょうか。

作中では張五飛のライバル的存在でもあったトレーズ・クシュリナーダ、戦う人の姿を美しいと評し、最終盤ではリーブラ砲の前に一歩も引くことなく戦い続けたその姿は実に雄々しかったですね。

続いて第2位…「マスター・アジア」です。

最早〇〇戦隊は不要です。東方不敗マスター・アジア!そのままで戦隊モノに使えそうです。

何故か特撮に出てくる怪人や怪獣、怪物達は地球をそして日本を狙っている事が多いのでマスター・アジアという名前が何とも絶妙なマッチングです。

アジアは任せろ的なオーラを感じますよね。Gガンダム自体も戦隊モノに向いていると言えるでしょうね。

そして第1位…「マグアナック」です。

警護戦隊マグアナック!てな感じでしょうか。

元々家族の意味もあるこのワード、色々なものから自分を守ってくれそうな雰囲気を醸し出していますよね。傍に居てくれる事で安心感が生まれそうです。

ポイントは小さいツが入っている事ですね。これによりワード全体に勢いが生まれています。作中ではカトル君を幾度となく助けたマグアナック隊、スパロボに登場した時の演出も手が込んでいて見応えバッチリです。

逆にブービー賞…「ガブリエル・ラミレス・ガルシア」です。

〇〇戦隊ガブリエル・ラミレス・ガルシア!…長すぎます。言いきったと時にはよく言えました的な空気になりそうです。

ワードの雰囲気は秘めたるパワーが有りそうなので残念ですね~。ガブリエルさんとラミレスさんとガルシアさんがそれぞれ名乗っているという様な状況であればワンチャンありかもしれませんが。

そして最下位…「ポゥ」です。

どれだけ大層な〇〇戦隊を付けても何処か気が抜けてしまいます。ピンチの時に現れても直ぐにやられてしまいそうです。語呂もあまりよくありません…。

今回のカテゴリーとしては断トツの最下位でしょう。作中の行動も最下位と言っても過言ではないかもしれませんが。

という訳で今回は「戦隊モノの名前にも使えそうなガンダムに出てくる何かしらの名前」をお送りしました。

それでは、良いガノタライフを!

-ガンダム