ガンダム

ガノタなら一度はどのオールレンジ攻撃が有用か考えた事が有ります

2017/02/08

最近の冷凍食品はレベルが高いですよね。どうもゼキュウです。

幼稚園や小学校に通っていた時の物に比べて質も種類も格段にレベルアップしています。

冷凍食品を用いた食品店等も開催されていたりして、「あれが冷凍食品かよ…」と驚かされます。

電子レンジでチンするだけで手間いらず&美味しいですよねー。

Sponsored Link

電子“レンジ”…レンジ…という訳で今回はレンジ繋がりでオールレンジ攻撃に関するお話です。

ガンダムシリーズに度々登場するオールレンジ攻撃ですがガノタなら一度はどれが一番有用そうなのか考えた事ありますよね!

オールレンジ攻撃お代表格と言えばやはりファンネルでしょうね。

その最大の特徴はサイコミュシステムにより脳波でコントロール出来るという所です。

ニュータイプ能力に秀でていなければ扱えないデメリットは抱えていますがその分見返りは大きいです。

また諸説ありますが地上でも使用出来ます(キュベレイMK-IIのファンネルをプルは地上で使っていましたし、リフレクタービット等も地上で使われています)。フィンファンネルはバリアにも扱えますね。

Gビットてな物も有りますね。フラッシュシステムを使う事でビット化したMSを自在に操れる前代未聞な特徴を持っています。

MSそのものがビットになっているので他の物に比べて火力が底上げ出来ますね。唯、ニュータイプでないと扱えません。

ターンXのブラッディ・シージもオールレンジ攻撃の1つです。

体を分離させるというのが最大のポイントですね、攻撃&回避を一度で行えます。どういうシステムなのかは不明ですが、特殊なタイプの人でなくても扱えます。

SEEDシリーズのドラグーンもあります。

初めは空間認識能力に秀でたコーディネーターのみが扱える代物でしたが後にナチュラルでも扱える様に改良されました。

唯、実際の操作は手足で行うであろうという事と基本的には宇宙でのみの運用となっています。

そしてOOではGNビットが登場しました。

射撃を行うビットやシールドになるビット、刃で相手に突撃するビット等々種類が豊富です。

脳量子派が扱えればファンネルの様に使えますし仮に脳量子波が扱えなくても処理をハロに代行させる事で自分でビットを操作するよりも複雑な操作が出来ます。

以上の事を鑑みるとその有用性は

「高>ブラッディ>GNビット>ファンネル>Gビット>ドラグーン>低」と言った所でしょうか。

勿論妄想ですが、扱える人のタイプ・操作方法・運用目的等を考慮してみました。是非原作でその活躍を確かめてみて下さい。

それでは、良いガノタライフを!

-ガンダム