ガンダム

何故オペレーション〇〇はガンダムWやSEEDシリーズに偏るのか

2017/02/08

どうもゼキュウです。

1人で店を回す時に1オペレーションを略して1オペと言ったり、

ビビットレットオペレーションやオペレーションサンクチュアリの様にアニメやゲームのタイトルや用語として使ったりと今や我々の生活の中にもそれなりに浸透しているワード「オペレーション」、

元々運用や操作や作戦と言った意味を持つこのワードはガンダムの中でも幾つか登場します。

Sponsored Link

オペレーション・メテオやオペレーション・デイブレイク、オペレーション・スピットブレイクなんてのも有りますね。

しかし、不思議なことにそのほとんどがガンダムWとSEEDシリーズに集中しているのです。

(他のガンダムシリーズではオデッサ作戦の様に〇〇作戦が使われています)

アニメ版のガンダムWはオペレーション(メテオ/ノヴァ/デイブレイク)の3つ、そしてSEEDシリーズもオペレーション(スピットブレイク/フェーリー/ラグナロク)と奇しくも3つ…。

数多あるガンダムシリーズの中でもこの偏り様、これはガノタであれば気になりますよね。

そこで今回は何故オペレーション〇〇がガンダムWとSEEDシリーズに集中するのか、その理由を考えてみます。

先ず目を付けるべきはガンダムWとSEEDシリーズの共通点です。何か共通事項が有ればそれが原因かもしれません。

両者の共通点と言えば…「〇〇ガンダムがいっぱい出てくる」これは他のガンダムシリーズでも結構成り立ちますね。

他には「その時代の中では絵が綺麗」何てのもあるでしょう、ただこれも2つに限った話ではありません。

もっと他に何か決定的な事項ないものか…ありました。それは

「他のガンダムシリーズに比べて女性人気が高い」と言う事です。

考えてみると両者とも主人公達は格好良い中にもちょっとしたあどけなさの残る如何にも女性に人気が出そうな絵になっています(ガンダムWは私も好きですが)。

またガンダムWでライバル的存在のゼクスやトレーズは相当なイケメンキャラですし、SEEDのクルーゼも最後まで素顔は見せませんでしたが格好良い部類でしょう。

女性人気を得る為には絵だけでなく会話や用いるワードそのものもスタイリッシュにした方が良い!かもしれない、そこでオペレーションの登場です。

やはり女性が〇〇作戦と言うよりはオペレーション〇〇と言った方が似合いそうな気がします。勿論何にでもオペレーションを付ければ良い訳ではありません。オペレーション・オデッサ等の組み合わせでは日本人的にあまりシックリこない気がします。

しかしデイブレイクやスピットブレイク等を用いればその組み合わせ問題を解決出来ると伴に、若干中二要素が有るので若年層の男性も狙えてしまうという訳です。

ガンダムシリーズを始めとしたロボット作品はちょっと女性にとっては取っ付きにくいでしょうから、作品として女性人気を取りに行く為に生じた現象というのが私の考えです。

それでは、良いガノタライフを!

-ガンダム