ガンダム

ガノタを始め色々な作品等のファン達が“俄か”を嫌う理由とは何か

2017/02/08

今年も後1週間程になりましたね。どうもゼキュウです。

年末と言う事もあり色々な特別番組がTVを付けるとやっています。

中には雑学モノやクイズモノの様に我々の知識を問うモノも有りますね。ガノタは勿論ガンダムに関する知識はそれなりに豊富です。

しかしその分俄かに向ける視線には冷たさが漂っています。ガノタを始め色々な作品等のファン達は一般的に俄かを嫌っているイメージが有ります。

が、それにはそれなりの理由が有ると思うんです。

Sponsored Link

そこで今回は「ガノタを始め色々な作品等のファン達が“俄か”を嫌う理由とは何か」を考えてみます。

その1つが「そもそも知ったかぶりが嫌い」と言う事です。

知らないなら知らないで良いんです。名前だけ知っているとか、聞いた事は有るとか、ちょっとだけ知っているとかでも良いんです。それだったらそれに合わせて会話をするまでですから。

ただ、知っている素振りを見せて突っ込まれた事を聞かれると何も答えられなかったり、全く知らないにも関わらず「あ~」といい加減な相槌をうって恰も知っているかの様に振舞ったりする姿勢が

気に入らないんですよね。

他には「よく知らないで使っている」のが嫌いと言うのも有りますね。

例えば街を歩いているとアーティストさんのロゴやらが入ったTシャツを着ている人に出くわしますよね?

しかし、それがアーティストのロゴである事に全く気付いていない人が結構居るんですよね(某番組でもやってましたけど)。

そう言うのを見ると…腑に落ちないんですよね。

さらに「俄かに限ってろくに見もしないで否定してくる事が多い」これが最も大きな理由かもしれません。

ガンダムシリーズは映像化された作品だけでも中々の数です。中にはあまり評判の良くない作品も有ります。ちゃんと見た上でその作品が良くなかったと言うのならそれは作品が悪いからいいんです。

しかし、よく見もしないで「これはガンダムっぽくないなぁ~」とか「駄作駄作」等と平気な顔をして言う輩が俄かの中には結構居るんですよね。

その作品を評価するのなら最低限中身を1通りチェックするべきだと私は思うんです。そこまでしてやっと評価する権利が手に入ると。

それをよく分かりもしないでいけしゃあしゃあと作品の文句を言われたら…

腹立ちますよね。

どこまでが俄かなのかの線引きは難しいですが、俄かの存在が云々よりも俄かの(全ての人ではありませんが)取る行動が嫌いだと言う事だと思うんです。

広くアンテナを張って生活し、年末年始楽しく過ごしたいですね。

それでは、良いガノタライフを!

-ガンダム