よしなしごと

キュウレンジャーに2.5次元?「ツキウタ。」の山崎大輝が出演!

2017/02/08

■ゴレンジャーは5人…キュウレンジャー9人!戦隊モノ史上初の試み

ゴレンジャーは5人…キュウレンジャーはその名の通り9人です。

戦隊モノ史上初の試みはファンでなくともちょっと気になりますよね!

早くもネットでは「多すぎ」やら「数の力によるごり押しになってしまうのか」等注目の声が上がっています。

しかし、9人…大きなお友達向けに各キャラクターグッズを出せば儲かりそうですね。某番組のゴレンジャイもいずれキュウレンジャイになるのでしょうか…

Sponsored Link

キュウレンジャーでは、何でも銀河を守るべく「キュータマ」に選ばれた9人のヒーロー達が激闘を繰り広げる様です。

因みに選ばれた芸能人達がクイズで激突する「Qさま」がテレ朝で放送されていますね!

名前も特徴的で唯のヘビツカイシルバーとかサソリオレンジ等の様に、星座をモチーフにしている為色の名前の前に星座の名前が入っています。

しかし星座は12でヒーローは9人…余った3つの星座はどういう扱いになるのか、まさか今後追加されるのか!?或いは敵として出てくるのか、私気になります!

戦隊モノと言えばやはりロボットの存在は欠かせません。

しかも今回は9人ですからね。しかし検索してみたところ、どうやら5体合体の物しか出てきませんでした。

う~ん、これは一体どういう事なんでしょうね。

残りの4人はその間何をやっているのでしょうか。そもそも9人全員分のロボットが有るのでしょうか。有るとしたら、アタッチメントで残った4体のロボットが武器になるとか、4体合体でもう1つのロボットになるとか、9体の中から組み合わせて5体ロボットになるアクエリオン方式を取るとか…色々方法は有りますが一体どんな仕組みを見せてくれるのか楽しみです。

幾人かにはロボットを与えず潜入工作要員とかだったりしてw

そんな宇宙戦隊キュウレンジャーは来年の2月12日からテレビ朝日で放送開始です。

■キュウレンジャーが一人、ヘビツカイシルバー役には山崎大輝さん

早くも話題を呼んでいるキュウレンジャーの内の一人、ヘビツカイシルバー及びナーガ・レイを演じるのは山崎大輝さんです。

山崎さんと言えばあのジュノンボーイ出身なんですよね。過去にはミュージカルの「忍たま乱太郎」で久々知兵助役や2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」で卯月新役等を演じていました。

デスノートやヱヴァンゲリヲンが好きらしいんですけど、でも全体的にアニメにはあまり興味が無いんですって。

個人的には新劇場版と旧劇場版どっちが好きか…気になりますね。このセレクションを見ると…中々メッセージ性の強い作品が好きな人のかもしれませんね。

あ、そういえばライブ配信では「らいと」と言う名前を使っていましたね。

舞台等を見てファンになった人がキュウレンジャーを見てグッズや円盤を買い、キュウレンジャーが好きな人が逆に舞台等にもハマっていくと良いですね!

■2.5次元?って何よ

先ほどの2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」の様に最近になって2.5次元と言うワードをよく耳にする様になりましたよね。

私も職業柄割と頻繁に聞きます。しかし正直「2.5次元?って何よ」って方も少なくないと思うんです。

2次元と言えばアニメやマンガやゲーム等がその代表格ですよね。そして3次元と言えば今我々が生息しているこの空間です。

では2.5次元は…両者の融合、

それは即ちアニメやマンガやゲームの実写化と言う事なのでしょうか。

しかしここで1点疑問が残ります。

私が思うに、そもそも映画やドラマ等の映像として放映やら放送した場合それは3次元ではなく2次元です。

だって見ているのは平面の画面なのですから。故に例え実写化したとしてもそれが映画やTVドラマ等になると2.5次元とは言えないのではないかと言う事です。

では何を2.5次元とするか…そこでミュージカルや舞台の登場です。あれは基本的に生で見るものですから3次元そのものです。

アニメやゲームやマンガがミュージカル化ないしは舞台化することによって2次元と3次元のコラボ、2.5次元が産まれるのではないでしょうか

。場合によっては生の人間が映像とコラボレーションしたりという事も有りますしね。

これからますます増えてくるであろう2.5次元モノ、まだ体験した事が無い方はこれを機に体験してみてはいかがでしょうか。

それでは、また次回お会いしましょう!

-よしなしごと